Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『方向指示を伴うレトリービング』

エキスパートクラスの種目6 ディレクション・レトリービング(方向指示を伴うレトリービング)(難易度 3) の説明です。

野尻湖 Top.jpg



犬とハンドラーは水場に向っています。
この時、犬はヒールポジションでハンドラーの横に座っています。
15m沖に2つの同じ物品(パドル、救命胴衣、フロート等)が15mの間隔で浮いています。
競技リーダーがどちらの物品を先に持ってくるか指示を出します。
競技リーダーの指示で、ハンドラーは犬を沖に出します。
犬は物品に向って泳ぎ、優しく物品をくわえて保持し、岸にいるハンドラーに向って運搬します。
競技リーダーの指示でハンドラーは物品を渡すコマンドで犬から物品を受け取ります。
残りの物品もレトリービングして競技は終了です。

失格
・犬が競技の遂行を拒否したとき
・犬が指示したのと違う物品を運んだとき
・競技中にハンドラーが物理的に犬に援助をしたとき
・競技中にハンドラーが水場へ入ったとき



WTin野尻湖 016.jpgWTin野尻湖 017.jpgWTin野尻湖 018.jpg





この種目はフィールドGRTのディレクション・ダブルレトリーブですね。
WTでは目隠しレトリーブは必要ありません。
それは水平で遮蔽物のない水面では目隠ししても全部見えてしまうのですー(^_^;
グランドで行うGRTも同じですね~(^_-)v
指示順に水上レトリーブさせるわけですが、指示に従わせることが重要です。
もっちフライングなどあってはなりません。

ここで重要はレトリーブ品に傷を付けてはならないことです。
上がった後で「ブルッブル!」も物品を渡すまでさせないことです。
この「ブルッブル!」はコマンドで出来るとBetterです。
「ブルブル」しても持ち帰ったレトリーブ品は振ってはならないように注意させましょう。(これはGRT的ですが……)
スポンサーサイト

| WT(Waterwork Trial) | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/79-340715cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT