Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『溺れた人の救助』

WTin野尻湖 デレクション救助.jpg
























     (by エルマーナままさん)

WTのエキスパートクラスの種目4 ディレクテッド・ライフライン・プリング(方向指示を伴う浮輪の運搬・牽引)(難易度 5) の説明です。載せてみます。

犬とハンドラーは水場に向っています。この時、犬はヒールポジションでハンドラーの横に座っています。
ロープの端に結び目のある、3mのロープでくくりつけられた浮輪があります。2人の溺者役のアシスタントが15m沖にいます。2人の間隔は15mです。競技リーダーはどちらの溺者を岸に連れてくるか、ハンドラーに指示を出します。ハンドラーのコマンドで犬はすばやくロープをくわえ、指示された方へ泳いでいきます。犬が溺者のところへ着いたら、溺者は浮輪をつかみ、陸まで牽引してもらいます。浅瀬に着いたところで競技は終了です。そこでハンドラーが犬と牽引された溺者を迎えます。

失格
・犬が競技の遂行を拒否したとき
・犬が指示したのと違う溺者を運んだとき
・競技中にハンドラーが犬に物理的な援助を与えたとき




WTin野尻湖 救命具.jpgこの種目は水の中での指示による溺者救助です。
フィールドでのダブルレトリーブといったところでしょうか。

ただし浮輪の付いたロープ持参で溺者役を救助させるのです。
溺者は藁をも掴む状態です。救助犬が近くにいったなら犬が抱かれてしまいます(^_^;。
そこで指定された場所(溺者役)まで浮輪付ロープを届け、持ち帰りさせるわけです。


浮輪の運搬.JPG準備が出来たなら競技リーダーから救助する溺者役を指示されます。
ハンドラーは指示された溺者役をしっかり指差し認識させます。

そこでコマンド「あの人回ってこい」で送り出します。実際には溺れている人を救助する訳で果たしてそこまで咥えて行くことが出来るかが勝負です。


WTin野尻湖 053.jpg種目では15m離れていますが、練習では距離短くして行います。レトリーブ意欲はあっても溺れている他人のところに行くことは犬であっても勇気いることです。

時間はかかっても大回りさせる練習させました。
ハンドラーが牽引された二人の溺者役を迎えいれて終了です。
フィールドでの目標物までのロープ運搬が役立ちました。


私はこのWT、真剣に水難救助犬を目指している方には失礼ですが水難救助練習をとおしての躾の一環だと思っています。
愛犬の命と引き換えにWT出来ますかと問われれば、即「No」ですから……。
スポンサーサイト

| WT(Waterwork Trial) | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/76-b4304c9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。