Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ディスクドックの第一歩』



Pouはディスクドックにはなれないだろう。と、思う。
でも親ばかですね、キャッチ練習させてしまいましたー。動く物には興味津々です(^_-)v
美味くキャッチできるか、咥えられるかは別もんです。ディスクが恐いものでない、遊ぶもとの意識を持たせました。
20050514153150s.jpg20050514153313s.jpgよくされている方法は餌や水などを入れ慣れさせるようですー。





20050514154031s.jpgプラステックのディスクを好まない犬もいるかもしれないが、Pouは簡単に馴染んでくれた。
お姉さんパールとも引っぱりっこ遊びなんかもさせてみた。<決して良いことではありません!=ヤラセでっす!(^_-)v



動くものに興味があるPouにはフード投げ餌をして遊びます。ご褒美時も使いました。そんな訳で動くものに対して動作が機敏です。


20050514155918s.jpg20050514160003s.jpgキャッチの練習です。
まず、正面からのキャッチです。この形は後々フリーなどをする基本の形です。犬にディスクが飛んでくることを教えます。「キャッチ!」なんていいながら「バックハンドグリップ」でフワリと投げます。スピンは強くなくても良いですが犬に咥え易い一定した回転が宜しいです。ヘロヘロではいけません。

キャッチできたなら他人なんか気にせずに大いに誉めましょう。そのまま一緒に走ったりします。そうそう持ち帰りの練習でもあります。
GRTでもそうですが『出せ』コマンドが効かない子が多いです。咥えたまま遊んでしまったり好き勝手に場所も考えず出してしまうのです。それをさせない為には最初から『出せ』コマンドでディスクを出させること教えましょう。その方法は他でも書きましたが声符コマンド『出せ』『アウト』時には『つぎ』『ネクスト』など人によってまちまちだと思います。
コマンドで「出す」と良いことがあると教えていますー。

この技が出来ていると次のディスクをキャッチできます。連続技には必須のコマンドです。

キャンプ仲間のちょびさんちの小太郎君は先輩ですがディスク同じようにさせています。
ちょびっとトラックバックしてみます。

最近2006/ 06 /14の
Pearlのキャッチの様子です。 【MOV2006 06 14 フリ】Pouはまだ出来ません。

sasete
スポンサーサイト

| フライングディスク | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/55-9dfef22a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT