Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『前進』

犬をハンドラーの意思で前に進ませる指導方法です。
いろいろな方法があります。その一つです。

 
20041222153224.jpg

(By しーじじ)


1)犬の興味がある物(ボール、おやつ etc)を見せて「待て!」をかけます。


  

2)進ませたい方向に5mほどハンドラーが行きその物を置きます。



3)犬のところに戻り手でその方向を指し「よし!」などの声符でスタートさせます。この段階では犬がその方向に行くことが大切ですから興味がある物を持ってきたり食べてしまっても構わない。大事な ことはハンドラーの指示前にスタートさせないことと指示方向に動くことです。



4)犬は当然興味がある物に向かって真っ直ぐ走ります。この時はその方向に向かって目的場所に行ったことを、褒美や態度で心から誉めます。頭初はハンドラーがその場所まで行き誉めます。



5)距離を延ばすと共にモチベーションになる物を置かない回数を多くします。それでもハンドラーはその都度目的の場所まで行き犬にモチベーションになる物があり喜んで走って行く期待感を無くさないようにします。



6)確実に出きるようになったら 「よっし!」などの声符を使い易い「Go」「Get on」に変えます。私は「前へ!」を使っています。距離も 10m、15m、20m、30m とスタートの場所を後退して延ばします。ハンドラーが目的の場所に行かずに声符視符のみで出来るようします。



7)慣れてきたらストップホイッスルなどの遠隔指示でその場に止め 停座させ次の指示で「呼び戻し」あるいは「左」「右」を指示をし動かさせます。



8)犬が喜んで次の指示が出るまで期待させることがコツだと思います、実際犬が探すモードに入った段階での遠隔指示操作での「止まれ!」や「呼び戻し」は大変難しいです。

スポンサーサイト

| 躾方・訓練 | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/5-16ade56b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT