Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『WATER TRIAL 講習会&競技会参加』


Top鳥型の残雪.jpg
写真は当日雪の残る富士山

2007 06 16~17日とWTの講習会&大会に参加してきました。場所は残雪残る山中湖某所です。暖かい、いや暑いくらい二日間でした。
今回の主催はJKC翼下の「EAST OF TOKYO NEWFOUNDLAND CLUB」です。2003年に「PeaceとPearl」で参加しています。
私らは非会員参加ですから結果は残らないと思ってますが練習の結果としてトライでした。S&RテストはPouのみでした。

画像-2ニューファン-3.JPG集まった集まった大型犬ニュファン特にクロコちょっと数えただけでも15頭はいたかな。なにせ70kg級の大型犬!
我が家もそれなりに大きいと思っていたが小さく見えるからおかしいです。まあそれも「NEWFOUNDLAND CLUB」の開催ですからおかしいことはありません(^_^;
順を追って報告します。ムービー上手く撮れていません。長いです適当に見てください。




画像-3Pouのトホホ.JPGまず16日はPouのS&Rテストです。
その前のスタンバイです姉の泳ぐのを見て立ち往生!

●『スイム(50メートル遊泳)』ですが25mの往復です。
ムービー1分08秒です。リード付きで泳ぐこと、ハンドラーの声が煩いですー(^_^;
何とか合格です。

続いて●『ハンドラーレトリーブ(水上のハンドラーの回収)』です。
ハンドラーが沖に出て呼寄せて帰りはつかまって岸まで戻ることです。ムービー51秒
これも何とか合格でした。掴み方が違っていたので大慌て~(^_^;

ワーキング-2.JPGワーキング-1.JPGその後○辺先生の講師のもとにお勉強です。さすがWTのオーソリテー勉強になりました。会員の方はほとんど会場のペンションにお泊りですが、我が家の二人と三頭は別の離れた場所で泊りです。
「紅富士温泉」のぬくぬくが良かったな(^_-)v
三頭一緒のケージと泊まりはきつかった?

さて17日の様子です。
各クラス別のTrialです。三女パールは最初からエキスパートクラス一本です。
準備は万端!(^_^;<ほんとかなー(^_^;
予期せぬことに第一番のスタートです。
分って練習したことも多くありましたが練習をしてないことがない課目も幾つかありました。

①最初はお決まり、得意の【伏せ待て】です。
お父さんいつもしているから完璧とスルスルとスタート!
しかし※※ムービー※※30秒見て下さいな「だるまさんがころんだ」遊びと勘違いか!
こりゃーまいった(^_^;
スタートで減点いっぱいいただきました。笑ってくださいませ(^_^;
先が思いやられます(^_^;


②はシングルレトリーブです。
ダブルコマンドにならないように注意してスタートさせました。
これは完璧だと思ってました。※※ムービー※※41秒です。


③桟橋が壊れていたため代わりにボートからの飛び込みです。
飛び込み大好きなパールは得意です。その後ボートからのロープを咥えて岸に向かいます。ほぼ満点でしょう。※※ムービー※※1分06秒です。



④ハンドラーと犬は後ろを向いてのダブルのブラインドレトリーブ。
物品は櫂とライフジャケット約15mでしょうか。ムービーご覧のように急に風が出てライフジャケットが右方向に流されて行く、ハンドラーの
「右左、みぎ!」の大声が悪印象!キーパーに助けられて合格です。※※ムービー※※49秒です。


⑤次が得意の水中レトリーブと云っても50cm程度。ところが水が濁っている(^_^;
途中落下やプルプルもあったが3回のトライチャンスがある故これも合格です。
このトライだけは澄んだ水でしたいものです。※※ムービー※※34秒です。


⑥お父さんも一生懸命練習した課目。
「ロープ付き浮輪で他人の救助」ロープ咥えて回ってこい!です。ダブル、人です。
見事にコケました。ロープ咥えて途中まで行くのですが、どうしてもUターンしてしまう。ハンドラー煩く指示だすが言うことを聞かずダウンですそればかりか浮輪をパンクさせてしまった!(^_^;(^_^;※※ムービー※※15秒です。
競技リーダーが距離を短くして行うと連れて帰れました(^_^;
「誰でもどんな方でも行くこと」ご指摘いただきました。


⑦ライフセービング
沖合い10mにいる溺者役の方をハンドラーと一緒に泳いでいき二人を引いて岸まで泳いでくることです。
これは良くできました。※※ムービー※※57秒です。

以上がパールのエキスパートクラスでした。
ポーのスタートクラスはムービーを撮りませんでした。しかし9頭参加でクラス一席になりました。いっぱい褒めてやりました。
姉犬パールがトライしている間煩く吠えて顰蹙を買ったことは言うまでもありません。

ワーキング-3.JPGJKCの役員の方々が見ている中、スタートのつまづきもあり、その後も果たして犬が喜んで出来たかは疑問です。それは自分によいところを見せようとの魂胆があったからでしょう(^_^;
ご指摘にもありますようにダブルコマンドが多すぎです。犬が理解して喜んで自主的に行うことが由とするのがこの団体の趣旨です。
私は間違ったことはその場で指示で訂正すべきと思っていますので、分るまで煩く指示を繰り返しました。
それも練習の一環でしょう。減点はしかたないことです。なにやら、この水難救助犬のことが、災害救助犬のように公に認められるらしい。本当だろうか(^_-)v

多くのニューファンの子達と一緒させていただきました。ニューファンドランド犬種は仕事をするための力強さだけでないことが良く分りました。堂々として気品があるだけでなく、動きも力強く機敏さもある、そればかりか自分の判断で行動できる素晴らしい犬種であるとを認識しました。そのうちの時間があって撮った子のみ載せます。左からダナバ君♂5、キャルルちゃん♀5才、1ウェンディちゃん♀2才、
下段、左よりクルミちゃん♀2才、ディーバ君♂1才、キャルルちゃんの子達です。


ダナバ♂5.JPGニューファン-4キャルル♀5才.JPGニューファン-1ウェンディ♀2才.JPG







ニューファン-2クルミ♀2才.JPGディーバ♂1.JPGニューファン-子.JPG






またこんな機会があったら参加したいと思います。

スポンサーサイト

| 大会・練習報告 | 18:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鍵コメ様

早速に書き込みありがとうございます。楽しく参加させていただきました。
特に激しいドックスポーツにありがちな「歩き方の異常」や発見の仕方を目の前で見せていただいたこと、感謝感激です。
その治療方法にウォータートライアルが大変有用であることも教えていただきました。
講師になられた獣医師先生がその道の日本を代表する方だったことも大変ラッキーでした。

これからも開かれた会でありますようお願いして、貴会の発展されますことをご祈念申し上げます。

| px3 | 2007/06/19 21:17 | URL | ≫ EDIT

頑張った、パール&ポー

px3さん、お疲れ様でした。(^^)
とても分かりやすい報告で、楽しかった!ということがよく伝わってきました(^o^)
パール&ポーの大ファンのかんなママ。特にいつも冷静沈着なパールちゃんは頼もしく思います。そんなパールちゃんが「あっち向いてほい」とは…ますますかわいい~~~!でも、伏せが出来なくても、最大の誘惑「水」にドボ~ンすることなく、じっとその場にいるところが…さすがパールちゃんです。
パールちゃんの試験中のポー君の声…まるでかんなのようです(汗・汗・汗…

| かんなママ | 2007/06/21 13:47 | URL | ≫ EDIT

かんなママさん

いらっしゃ~い(^_-)v
σ(^o^;)は書くことで臨場感出せないから、ムービーで誤魔化しています(^_^;
水上でのコマンドの効きは悪かった(^_^;
ほんと「家ではできたんだけど……」って言いたくなっちゃうよ。
ポーの無駄吠え、また出てしまいました。
近くに皆さん居なかったら石でも放るところです(-"-)

しかし難しい種目に一緒によく向かったと感謝もしています。
まだまだWTはこれからのドックスポーツ「救助犬かんなとの訓練日誌」に日参してお勉強します(^_-)v
訓練のGoodアイデアが浮かぶのですー。

| px3 | 2007/06/21 18:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/257-fb3d3bbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT