Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『レンジを広く(長く)』

Top2007 04 07 Xさん

GRTではロングレトリーブなどと言われています。長い距離のレトリーブをさせることです。
実猟では鳥や獲物を探しだす為に長い距離、山野を走り回る。しかしそれはレンジが広いだけではないらしい。直線的にいくらのびても、良いレンジではなくフィールドの状況に応じ、広くも狭くも調整され、犬の自主性ある判断で完成されるとのこと。

しかし半矢の鳥を追いかけることはあっても長い距離のレトリーブはさせないでしょう。自ずと狩猟レトリーブ範囲は決められてきます。
それはレトリーブ犬のレトリーブ出来る能力が短い範囲だけと云うわけではない。しっかりとハンドラーの制御のもとでも距離を延ばすことも出来る筈、その様子など載せてみます。




2004 04 01 Heartの飛び込み-1画像は水に飛び込むことが出来るようになったハーツです。

このロングレトリーブはサーチングでします。臭いを頼りに探し出し持ち帰ってきます。300mも先のDummy見えるわけではありませんから・・
レトリーブする品は魅力なければなりません。現在持ち帰り遊びさせているものはDummyです。既にDummyを持ち帰ることが楽しみになっています。Dummyから僅かな臭いが発散されています。その臭いを嗅ぎ分けて持ち帰ってくるのでしょう。

しかしそのDummyをセットしなければなりません。歩いて置きに行くのですが、その足跡臭をしっかりとっています。いきなりではないですが何回か練習した後で300mに挑戦させました。場所は100mくらいの見通しはできます。サーチングは風があるなしにより見つけ易いことがあるようだ。強くも無く弱くも無い適当な強さと一定方向の風が吹いていると見つけ易い。練習時のスタートは風下から行います。

ハーツの300mレトリーブムービー1分08秒です。煩く吠えているのは我が家のクロコです。お許しください(^_^;


2007 04 10 Pouポーの300mレトリーブムービー1分00秒です。

2007 04 10パールの300mロングレトリーブ挑戦。レトリーブムービー1分14秒です。





その後300mのスロアーが隠れてDummyのみレトリーブはいやいや完成しました。
2007 04 11 パールの300mレトリーブ(Dummyのみ)レトリーブムービー31秒です。
0m地点での弁別、際立っています。往復所要時間105秒。スピードは5.7m/秒。
サーチング、しなければただのレトリーブ練習になってしまう(^_^;


Dukeのダブルレトリーブ!4頭で挑戦して全員レトリーブできました。どちらかと云うと人間発見遊びのようですね。人間がいなくとも探し出せなくてはなりません。しかしこのようにレンジが広く(長く)なることを犬が覚えてくると、遠くに行くことに自信が付くようです。遠くまで走ってしまうことがみられます。そんな時はアテンションホイッスルとリコールホイッスルが効くと便利ですね。


500mに挑戦させてみました。さて結果は・・・

スロアーが近くにいてもレトリーブは失敗しました。
どうしても届きませんでした(^_^;


問題点、いくつかあります。

それは距離が長いので成功させる為に同じ場所にDummyを置いたことです。
いつでもそこに行けばDummyがあると教えました。この方法は初歩のレトリーブを教える時に教えていただいたことです。同じ場所へDummyを置きスタート方向を変えてレトリーブさせる練習方法です。長い距離でのこの方法ばかりで練習するとその場所のレトリーブは出来るが、場所を変えると出来なくなってしまう。即ち場所を弁別するようです(^_^;

出来なかったこともありますがGRTは狩猟時のレトリーブをアレンジした遊び、レンジを広く(長く)する必要性もない。300mくらいを適当と思いました。500mを諦めたわけではありませんが失敗した時、すまなそうな愛犬の顔を見るのも辛いです。
Pearlの500m失敗ムービー29秒です。


余談です。この第一基地は逸走しても周りが川ですので脱走出来ないことになっています。

ハーツのスタンバイ前.JPG秘密基地全図2007 04 27 600mに三頭で挑戦しました。
スタート前のハーツの様子と第一基地全図を載せます。ハーちゃんは既に500mを完成しているようです(^_-)v
ダミー三本を持って南方向、浅○大橋上までスロアー役は向かいました。時間を決めてスタートです。

まずはハーッツちゃんの※※ムービー※※1:12秒です。所要時間600m5分です。
計算すると1200m/5×60(300秒)=4.0m/秒です。見えているところの短いゲットは5~6mでています。ロングとなればこのくらいでしょう。この時の天候は晴れでした。風は北西の風が4~5m/秒と強かったです。追い風でした。完全にスロアーの足跡を追跡しました。

2007 04 27パールの600mレトリーブ挑戦の※※ムービー※※1:35秒です。


2007 04 27ポーの600mレトリーブ挑戦失敗の※※ムービー※※45秒です。

これからスロアーが近くに残らないでもう少し挑戦してみます(^_-)v
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

px3さん
ご存知の通り英国流鳥猟は2種類~3種類の犬種を使います。サーチングをする犬とフラッシングをする犬を一緒にする場合もありますが、少なくともセターやポインターは射撃後の回収は担当しません。 散弾銃の届く範囲は特殊な銃を除き100m程度ですので、100m~150mのレトリーブができれば英国のレトリバーは合格なそうです。
しかし、フランスやドイツなどの大陸では鳥猟は一頭で賄いますので、主人から離れて1km程度の探索は普通です。 鳥を追い出した後、すぐに停止し射撃で鳥が落ちるのを待ちます。 比較的、鳥が落ちてくる場所の近くで待機する訳です。
これに対しレト種は主人の側にいて射撃後に回収に向かいます。
距離的には、レト種の方が大陸系鳥猟犬より、落ちた鳥から離れた場所に居る事になります。
この為、ブラインドでのレトリーブはレト種の方が大陸系鳥猟犬より得意なそうです。
大陸系鳥猟犬でも、主な狩猟場が違うので得意分野が違い、ある程度の広さの場所では独ポインターやワイマが得意、狭い範囲の綿密な探索はスパニエルだそうです。 但しブリタニーはレンジも広くスピードもあり、
広い場所の大雑把な探索も狭い場所の綿密な探索も得意なそうです。

| 日本大鰐 | 2007/04/10 11:01 | URL | ≫ EDIT

大鰐さん

レンジの話ありがとう。
レトリーブをさせるのにそんなに距離を延ばす必要はないことは分っていました。

狩猟でのレトリーブもそんなに長くはありませんね。
しかし僅かばかりの浮遊臭を求めて探す様子はレト種の生きてきた様を見るようです。
その嬉々とした様子と達成した時の顔が見たくてさせてしまいました。
現在私が飼育している犬は貴方が仰っている大陸系ではありませんが、500~600mくらいはレトリーブ可能かと思って挑戦しています。
しかしDummyのみの浮遊臭では魅力がないのか難し~い(^_^;

これは勝手な想像です。中には探し出すことが出来る可能性があるのなら他の分野でも活躍できることも考えられます。
しかし大変だろうな、今日もムービーを撮る目的で挑戦してきましたが、失敗させてしまったです。

| px3 | 2007/04/10 13:53 | URL | ≫ EDIT

お会いできて嬉しかったです

px3様
旧M町体育館裏でお目にかかった、コマメとアンナの飼い主のモコマメです。
今日はムッシュさん(でよろしいですか?)ご夫婦とパールちゃんポーちゃんにお目にかかれて、すっごく嬉しかったです。我が家の傍若無人犬に比べて、貴族の面持ちのパール&ポーちゃんを拝見して、赤面の思いでした(笑)パールちゃんはお名前の如く黒真珠のようで、またポー君は可愛い坊ちゃまで。
我が家のワンズと比べて、あまりに違い、同じ犬とは思えませんでした。爪の垢でもいただいて飲ませたいものです。。。(笑)そんな我が家のワンコですが、お目にかかれたのも何かのご縁、これからもよろしくお願いいたします。
また、つたないブログですが、お暇でしたらどうぞ覗きにおいでくださいませ。

| モコマメママ | 2007/04/22 17:53 | URL | ≫ EDIT

これはモコマメママ様

寂しいBlogに勇気を持っていらっしゃいませ~(^_-)v
ちょっとかってが違うかもしれませんがお近くと云うことでも宜しくお願いいたします。
なにやら、出没する場所も同じところもあるようですね(^_-)v

リンクの件了解しました。こちらもリンクさせて頂きます。

| px3 | 2007/04/22 22:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/252-99fc0f32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT