Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ラインニング練習』


Topレトリーブスタンバイ

※※『ラインニング』※※lineingのことは2005/06/14日にエントリーしてあります。毎回同じようなことをエントリーしていますがご容赦ください。自分の勉強確認のつもりで書いています。

GRTには大変重要な動き「ラインニング」のことです。直線上を進ませることです。
普段視界の広い場所で練習していて真っ直ぐ進むことが出来ている犬も背丈の高い草地になっては真っ直ぐ進むことが出来ずに探し出すことを苦労します。サーチング練習をさせてなければ尚更難しくなります。

彼らはゲーム(獲物)を探し出すのに、まずピョンピョン動作をして視点を高くします。そして行くべき方向を探して進みます。ところが一面背丈の高い草地では簡単には探し出すことはできません。すぐに「もうありませ~ん」などとハンドラーにアテンションをしてくる犬もいます。最初からサーチングをさせるでなく、ある距離までは指示した方向に真っ直ぐ進むこと=ラインニングを練習しておくと探し出すのに大変有用です。


この練習方法の関連記事は『ワゴンウィール』【wagon wheel】『遠隔可能距離を延ばす』にありますが別の方法を載せてみます。


※※「ラインニング」:ハンドラーが指示した方向に犬が真っ直ぐ進むこと。※※




②正面から見るとそれでは「ラインニング」練習を載せてみます。シングルレトリーブ可能な犬を対象にお話します。
最初のころの練習場所は視界が良く平らな場所がよいでしょう。出来れば直線が目立つラインや柵などあるとよいですね。この場所は散歩の方もいない生垣と片や堤防に挟まれた土手通路です。以前ムービーに載せたことあります。




①Pouシングルレトリーブ犬の好きなMy favoriteなダミーを見せて「待て!」をかけます。そのダミーを持って前進します。30mの位置に「マーク」の掛け声で置きます。犬のところに戻り右手でその方向をしっかり指し「Get on!」の声符でスタートさせます。持って来い遊びは完成しています。なんなく持ち帰ってくるでしょう。持ち帰ったなら「出せ!」の指示で受け取りましょう。そして出来たことを心から褒めおやつの褒美も使います。この方法を繰り返します。距離を延ばします。時にはダミーを放って持ち返すこともさせます。大事なことはハンドラーの指示前にスタートさせないこと、喜んで持ち帰えさせることです。※※ムービー-1※※51秒


③送りだし このラインニング練習は真っ直ぐ走ることをモットーにしています。同じところを通って同じ場所に行けば必ずダミーがあることを覚えさせることもラインニング練習には有用です。目的の同じ場所に複数のダミーを置いてみます。右手でその方向をしっかり指し「Get on!」の声符でスタートさせます。持ち帰り後の受け取りは一貫したコマンドを使います。このようにハンドラーの指し出す手の方向に行けば必ずダミーをゲットできると勉強させます。練習は飽きない程度に行いましょう。※※ムービー-2※※1分37秒




Pou縦咥えの術-1今度は同じよう犬を待たせて、ダミーの置く位置を延ばしてみます。ハンドラーは同じ直線上にダミーを持って25m、50m、75mの位置に「マーク」の掛け声をかけて置いてきます。犬のところまで戻ります。右手でその方向をしっかり指し「Get on!」の声符でスタートさせます。犬は最初に25mのダミーを見つけて咥えて戻るでしょう。続いて50m、75mのダミーをレトリーブさせます。※※ムービー-3※※2分11秒



④向かいいれる同じ場所でロングレトリーブもしてみましょうか。前もって待てをさせて前方140mの位置にダミーを置いてきます。勿論「マーク」の掛け声で犬には見せて注目です。急いで戻ります。右手でその方向をしっかり指し「Get on!」の声符でスタートさせます。見ていたダミーまで真っしぐらに進み咥えて戻るでしょう。同じ道を真っ直ぐ往復します。出来たことを心から褒めおやつの褒美も使います。※※ムービー-4※※52秒

時間計測してみます。距離:140m 往き:20秒 速さ:7.0m/秒  帰り:23秒 速さ:6.1m/秒 普通の時は速さは5.0~6.0m/秒です。
あの時のロングレトリーブは往き速度7.2m/秒  復路速度は4.3m/秒だった。



⑤ダミーが無いのに前進続いて『前進』の練習も。同じよう犬を待たせて、ハンドラーはダミーを持って前進します。30mの位置に「マーク」の掛け声で犬に分からないように置く仕草をします。ダミーを素早く隠し犬のところまで戻ります。右手でその方向をしっかり指し「Get on!」の声符でスタートさせます。勿論ダミーはありません。その場に着いたなら「アテンションコマンド」で止めてみます。呼び戻してみます。再びダミーの無い場所に前進させてみます。その場に着いたならアテンションコマンドで止めて注目です。二回目はその場所まで行って褒美のボールを投げてみます。※※ムービー-5※※1分24秒(画像左手にダミーを隠しているのが分かりますか?)



飛越-1この項は追加しました。
ラインニングの練習中の途中にこんな障壁を置いてみた。
ラインニングが完成していないのに邪道かなー(^_^;







飛越素通り飛越表面飛越後面









何もコマンドを出さなければ素通りです。
直前に「ホップ!」のコマンドで障害飛越!
表面から見たり、後ろから見たりハンドラー兼カメラマンは大変ですー(^_^;

離れていてもハンドシグナルを一緒に出すと分かり易いようです。

ライニング途中の障害飛越。※※ムービー-5-2-1※※23秒 
二箇所の障害を飛越させる。※※ムービー-5-2-2※※18秒
障害があってもコマンドがなければ跳べない。※※ムービー-5-2-3※※19秒




2TopPearl緊張の一瞬.場所を草地に変えて練習してみます。この勉強は「ラインニング」です。真っ直ぐ進むことの勉強ですが草木は一面にあるわけではないので通り易い道があればそこを通ります。真っ直ぐ進むだけでないことも学びます。このころになったら声符を「Get on!」→「ライン!」に変えてもよいでしょう。スタートのコマンドと言うより、これから始まる作業の動きを指示します。視符は今までと同じです、寄り道せずに指示した方向に真っ直ぐ走ったことを褒めましょう。※※ムービー-6※※1分37秒



⑦Pouの深い草木中レトリーブ草木は一面にあります。しかし通り易い道があればそこを通り、低い障害な草などは飛び越えることもします。草の中を潜ることもあるでしょう。ラインニングとは云え避けて通っても由としましょう。真っ直ぐ進むだけでは出来ないことも学びます。視符は今までと同じです、寄り道せずに指示した方向にそれなりに真っ直ぐ走りレトリーブ出来たことをいっぱい褒めましょう。※※ムービー-7※※2分33秒⑦Pouの深い草木中レトリーブ。
目視出来ないと、どうしても足跡や臭いをとってしまいます。ラインニングの練習にはなりませんでした。(^_^;



⑧Pearlの草木中レトリーブ2※※ムービー-8※※1分42秒⑧Pearlの草木中レトリーブ






2006 12 14 Pou今までライン、ラインニングの練習はハンドラーの指し出す手の方向に行けば必ずダミーがあると勉強させてきました。しかし、進む方向が必ずしも正確な方向とは限りません。はたまた囮ダミーなどの場合もあります。指す出す手の方向に行ってもダミーが無いこともあること学ばねばなりません。間違った時はアテンションコマンド=注目を出して軌道修正させるのです。
目標はダミーがあっても無くともライニングで150m、前進させることです。そこでリモートコントロールが効くかどうかはまた別です(-_-;)

今まで手を信頼させて前進させ視覚だけで探させて(マーキング)いましたが、犬がダミーの近くまで行ったなら臭覚も使った探させ方(サーチング)もすべきなのです。
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 18:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これなんですねぇ~。

こんばんは~。はい、これなんです。ピースが少しだけ他の犬より得意とする所です。競技会用に訓練されている犬の場合、常に、右や左の屈折云々を自分で、勘をしながら探すんです。ですが、実働用に訓練されている犬の場合は、例えば、アスファルト等の場合は、ほとんど屈折が少なく、真っ直ぐの直線が多いのですが、これを体力を消耗したり、犬自身が、あれ?と疑問に思ったりするので、
意外に難しいのです。ただ、犬は匂いをたどりながら進んでいるのではなくて、意外と脳の中で計算しながら進んでいるらしいです。犬自身が持つ本能をそのまま利用すると、本来なら、真っ直ぐな直線も簡単そうですが、現実は、そうではないんですよね?
これは、有り難いテーマです。

| かよちん | 2006/12/18 18:42 | URL | ≫ EDIT

文章が、、。

すみません、私の文章の書き方が変でした。
つまり、実働用の犬は、真っ直ぐな長い距離を得意としますが、競技会用に訓練された犬は、この真っ直ぐな長い距離を不得意とすると言いたかったのです。すみません。

| かよちん | 2006/12/18 18:44 | URL | ≫ EDIT

かよちんさん

同じエントリーに二回もコメントVery Thanks(^_-)v

Peaceちゃんの得意とするもの、追求、捜索でしたっけ?

※※つまり、実働用の犬は、真っ直ぐな長い距離を得意としますが、競技会用に訓練された犬は、この真っ直ぐな長い距離を不得意とすると言いたかったのです。

これは、実働用の犬は自主性が高いということではないですか。自分で考えて行動する(できる)。
比して競技会用の犬はハンドラーの指示を仰ぎたがるということですか。
なれにしても犬の能力は偉大ですー(^_-)v

| px3 | 2006/12/18 20:51 | URL | ≫ EDIT

ラインニング

初めて知りました!
「ハンドラーが指示した方向に犬が真っ直ぐ進むこと。」
でも、真っ直ぐ進むだけでは出来ないことがある事も教える!
一歩一歩の積み重ね、的確な指導が育てる人犬一体の動きですね。

チョコ母は、やっぱり!
ムービーから溢れるP×3さんとワンの笑顔が大好き~~~!(^^)!

| チョコ母 | 2006/12/19 20:23 | URL | ≫ EDIT

カブと柿の実の漬物

知ってるチョコ母さん、
おばんっす!
と言って叱られたことあったな~<チョコ母がおばあさんって意味ではないからねぇ~(^_-)v

明日は一段と冷え込むようですー
パパさんとコタツに入ってグビリ、グビ~リがよいですね~(^_-)v
今年も残すところ12日ですー(^_^;

| px3 | 2006/12/19 21:06 | URL | ≫ EDIT

賀正

今年もご指導の程、よろしくお願い申し上げます。
パソコンが繋がってもワチャワチャでなかなかじっと座っていられません~!

| ウズラ | 2007/01/06 10:58 | URL | ≫ EDIT

Re:賀正

ウズラさん寒い地からアクセス可能になったのですね~(^_-)v
年賀ありがとうございます。
Blogしっかり覗いているのですが、コメントしても弾かれましたが鍵コメは届いていそうですね~。
今までのフェイス君の性格では除々にしかないようですね。

| px3 | 2007/01/06 17:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/240-8cb06db7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。