Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ハントリコール』-2

ブラインドDummy.jpg



このレトリーブ遊びも遠隔操作です。犬を送り出し前進させます。アテンションを取ってからリターンさせます。そのリターン途中でマーキング&サーチングでゲームをGetです。その練習方法載せてみます。
前もって行き決められた場所にターゲットとしてマット等を敷く。これはその場所がどの犬にも分り易く特定できる公平になるようさせます。

関連記事は
『『ハントリコール』 です。



2006 10 06 Top.JPG




まずはスタンバイ!です。
次に「前進」で前方50mの位置まで犬を送り出す。
その場所は今回は石の上にしました。しっかり言い聞かせスタートです。
前進している間に犬に気付かれないように左右方向約45度15mの位置にダミーを放ります。

2006 10 06 ①スタンバイ.JPG2006 10 06 ②レディー.JPG2006 10 06 ③送り出し.JPG








アテンションをした時の様子です。
リターンコマンドでスタートです。適当な位置まで来たなら探させたい方向にハンドシグナルを使い誘導します。その時探せコマンドのスィークホイッスルも一緒に出します。ハンドラーのハンドシグナルに注目下さい。リターンさせながら左右方向へ指示を出すのです。2006 10 06 ④石の上.JPG2006 10 06 ⑤リターン.JPG2006 10 06 ⑥よく出来た!.JPG









一方をレトリーブしたなら再び前進させ50mの位置でアテンション!他方をレトリーブさせます。タイム計測はアテンション場所からハントリコールして持ち帰った合計時間です。
ムービーなら分かり易いだろう【ムービー】

ムービーを撮る方向を変えてみます。【ムービー】

この発展がアテンションさせた場所から左右斜め後方へのバックさせる方法です。
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 20:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

賢いですね。

何時見ても、的確ですし、メリハリが効いていて、楽しそうです。ピースは、右左は、わかりますが、後ろ!!のコマンドを理解していません。中々、難しいです。
しかし、私の場合、あくまでも、私のコマンドが見える範囲内の事でしたら、遠くに行った時のホイッスル等は、試していませんし、理解させるのに、時間がかかると思います。いやー、参りました。素晴らしいです。

| かよちん | 2006/10/09 13:23 | URL | ≫ EDIT

かよちんさん

FC2エントリするもんが無くなったので無理やりUPしました。
この種目はGRT協会にはありません。ましては実猟でも使わない技でしょう。独自に考えたものです。

遠隔であっても仕事していてもいつでもハンドラーの指示を効くことができるはどんなドックスポーツでも必要ですよね。
勿論仕事をしていても同じではないでしょうか。

昨日はただハンドラーが煩かったようです。
審査員や家内からも指摘されました。ダブルコマンドが多かったようです。
まだまだ勉強です(^_^;

| px3 | 2006/10/09 20:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/225-1ceb2b61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。