Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『メモ帳』-4

単語解説(日本語)-2 
アルツな人間です。物覚えが悪い、覚えられない。そこでいつもメモ帳を用意しておき書きおきしています。

2006 09 16 最近の追加単語《かつて》《うさんくさい》《しょくざい》《せんるい》《ちいしょくぶつ》《こうぼう》《やまのかみ 》《そうしんき》《じゅんたく》《へんぱ》《ようせい》《ひっぱく》《はつらつ》《ひょうい》《しゅみ》《だみん》《しょくいく》《りんこく》《かぶん》《ゾロひん》《かんそう》《どうかつ》《そつう》《ししつ》《せいこううどく》《しゅじょう》《ぞうけい 》《しゅんじゅん》《しんそう》《ごえん》《めざとい》《じけいれつ》《ほふく》




あほうどり 【信天翁】ミズナギドリ目アホウドリ科の海鳥の総称。海鳥最大。太平洋の小島で集団繁殖する。アルバトロス。
あやかる 【肖る】好ましい状態にある人の影響が及んで、自分も同じような状態になる。
いししょう 【異嗜症】 ⇒異食症(いしよくしよう)壁・土・紙など食物でないものを好んで食べる症状。妊娠・精神障害によるものや、時に回虫症などでもみられる。異嗜(いし)症。異味症。異常食欲。
うさんくさい【胡散臭い】 見た様子がなんとなく怪しくて油断できない。疑わしい。
うとむ 【疎む】いやだと思う。いやがって遠ざける。きらわせる。いやがらせる。
うんちく 【蘊蓄/薀蓄】(1)深く研究して身につけた知識。(2)物を蓄えること。蓄えている知識のすべてを傾注する
えんかくそうさ【遠隔操作】 remote control
えこひいき 【依怙贔屓】自分の気にいっている者や、関係のある者だけの肩をもつこと。
おうか 【謳歌】多くの人が声をそろえてほめたたえること。喜びなどを言動にはっきり表すこと。声をそろえて歌うこと
おこがましい【痴がましい 滸がましい 】分不相応である。さしでがましい。出過ぎたことだ。全くばかばかしい。
おろそか 【疎か】(1)いいかげんなさま。なおざり
おんどく  【音読】声を出して読むこと←→黙読
おめもじ 【御目文字】お目にかかる意の文字詞。もと近世女性語〕お目にかかることをいう女性語。
おののく 【慄く】恐ろしさで身のふるえるさま。ぞっとするさま。
かきゅうてき【可及的】 できるかぎり。なるべく。「―速やかに撤去せよ」
かじる 【齧る】かたいものの一部を、少しずつ歯でかんで削り取る。
かたじけない【忝い】OR辱い(身にあまる好意・親切に対して)感謝にたえない。ありがたい。おそれ多い。恐縮
かつて    【曾て 嘗て】 過去のある時。昔。以前。前に。
かぶん    【寡聞】 見聞の狭いこと。主に謙遜の意で用いる。「―にして存じません」
かんき  【喚起】よびかけて、注意・自覚・良心などをよびおこすこと。「注意を―する」
かんそう  【換装】 部品や装備を組み替えること。
きぶく  【忌服】近親が死んだとき、一定の期間、喪に服すること。服忌。服喪。
きょうじ 【矜持】自信と誇り。自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。きんじ。プライド。
きょじゅう 【据銃】射撃で、銃床を肩に当て、目標にねらいをつけて銃を構えること。
ぐちょく 【愚直】正直すぎて気のきかない・こと(さま)。馬鹿正直。
けんじる 【献じる】神仏や身分の高い人に差し上げる。たてまつる。杯をさす。献杯する。
こうぼう  【光芒】 光のほさき。彗星(すいせい)などのように尾を引いて見える光の筋。
ごえん 【誤嚥】 異物を誤って飲みこむこと。
こころさんよう【心算用】心の中で利害得失などを考えること。胸算用。
こころぶと 【心太】(1)植物のテングサ。[和名抄](2)ところてん。
さいぎしん 【猜疑心】相手の行為などをうたがったりねたんだりする気持ち。
しえん 【私怨】 個人的なうらみ。
じけいれつ 【時系列】 自然現象や社会現象の時間的変化を継続して観測して得た値の系列。
ししつ 【資質】 生まれつきの性質や才能。
しゅし   【主旨】言おうとしていることの中で、最も中心となる事柄。
しゅじょう 【衆生】〔梵 sattva〕〔仏〕 心をもつすべての存在。苦のある世界である三界を輪廻(りんね)する。
          「人々」という意味で使われることが多い。時として、仏・菩薩をも含めることがある。
しゅつざ 【出座】貴人が座に出ること。
しゅっと 【出頭】官庁などの呼び出しを受けて出かけること。「裁判所に―する立身出世すること。
しゅみ 【趣味】専門としてではなく、楽しみにすること。余技。ホビー。
しゅんじゅん【逡巡】決断をためらうこと。ぐずぐずすること。「事ここに至ってまだ―している」
しょうせい 【照星】 銃の照準器の一。銃身の先端近くに取り付けてある小さな突起。手前の照門からこれを見て照準を定める。
しょくいく 【食育】 心身の健康の基本となる,食生活に関するさまざまな教育を行うこと。食べる物を選ぶ力,食べ方,調理法,味           覚形成,食べ物の生育に関する知識や豊かな食生活の楽しみを覚える等の力をつけることを目指す。
しょくざい 【贖罪】 金品を出したり善行を積んだりして犯した罪をつぐなうこと。また、刑罰を免れること。(2)キリスト教で、人          々の罪をあがない、人類を救うために、イエス-キリストが十字架にかかったとする教義。和解。
じゅんたく 【潤沢】 物が豊富にある・こと(さま)。
しんしょう 【心象】〔心〕見たり聞いたりしたことが基になり、意識の中に現れてくる像や姿。イメージ。心像。
しんそう  【深窓】 家の中の奥深い所。多く「上流の」「大事に育てられた」などの意で用いられる。「―の令嬢」
すいこう 【推敲】詩文を作る時最適の字句や表現を求めて考え練り上げること。「―を重ねる」「原稿を―する」
ずさん    【杜撰】著作物で、典拠が正確でないこと。誤りが多い著作。手をぬいたところが多く、いいかげんなさま。
せいこううどく【晴耕雨読】 晴れた日には田畑をたがやし、雨の日には家で読書すること。悠々自適の生活にいう。
せんるい  【蘚類】 コケ植物のうち、茎が発達しているもの。造卵器を茎頂または枝の先端に生じるが、受精後はその基部が著しく伸長して柄(さくへい)となり上部にがつく。は熟すと先端にある蓋(ふた)がとれて胞子がこぼれる。林下・池沼辺の湿地によく繁殖する。代表種はスギゴケ・ミズゴケ・クロゴケ・マゴケ・ヒカリゴケなど。
ぞうけい 【造詣】 学問・芸術・技術などについての深い知識やすぐれた技量。
そうしんき 【艸心忌】歌人・吉野秀雄を偲ぶは、毎年7月第1週の土曜日
ゾロひん 【ゾロ品】 後発医薬品の俗称。ゾロ薬。ゾロ製品。ゾロ薬品。後発品が「ゾロゾロ」登場することから?
そつう 【疎通】(1)支障なく通ずること。(2)考えが相手に通ずること。
たいげんそうご【大言壮語】 できそうもないことや威勢のいいことを言うこと。また、その言葉。壮言大語。
ちいしょくぶつ【地衣植物】 藻類と菌類との共生体で、菌類によって大部分が構成される地衣体を形成し、岩石や樹上に生育する植物群。地衣体が未分化で基物に固着するチズゴゲ、枝状のサルオガセ・リトマスゴケ葉状のイワタケ・カブトゴケなど。地衣類。地衣。
つけやきば 【付け焼き刃】 切れない刀にはがねの焼き刃をつけ足したもの。見た目は切れそうだが実際はもろくて切れない。
たどる   【辿る】〔「たどたどし」と同源か〕知らない道、歩きにくい道を一歩一歩たしかめるようにして進む。
だみん 【惰眠】 なまけて眠ること。何もせずのらくらと日を暮らすこと。なまけて眠ってばかりいる。らだらと日を送る。
とうしゅう 【踏襲】先人のやり方や説をそのまま受け継ぐこと。
どうかつ 【恫喝】 おどしておびえさせること。
どうてい 【同定】(1)ある物をある一定の物として認めること。(2)生物の分類学上の所属・名称を明らかにすること。
とそ 【屠蘇】 年頭に、一年の邪気を払い延命を願って飲む薬酒。おとそ。屠蘇酒。
なじる 【詰る】よくない点や不満な点などを問いただして責める。詰問する。
にわかじこみ【俄仕込み】その場をしのぐために、知識や技術などを一時の間に合わせに習い覚えること。
にてひなり 【似て非なり】〔孟子(尽心下)〕外見は似るが実体は異なる。
ねたむ 【妬む】他人の幸福や長所がうらやましくて、憎らしいと思う。腹を立てる。くやしく思う。
のどか 【長閑】(外界の状態が)穏やかで、のびのびと気持ちよく過ごせるようなさま。
ののしる  【罵る】大声で非難する。どなってしかる。
のんき   【暢気/呑気/暖気】性格がのんびりしているさま。物事にとんちゃくしないさま。
ばいきん 【黴菌】物を腐敗させたり、人畜の病気の原因となる、有害な微生物の通俗的な呼称。
はばかる 【憚る】さしさわりがあるとして、さしひかえる。遠慮する。はばをきかせる。大きな顔をする。はびこる
はつらつ 【溌剌】 きびきびとして元気のよいさま。生き生きとしているさま。
はびこる 【蔓延る】草木などが伸びて広がる。好ましくないものの勢いが盛んになって広がる。勢威をふるう。
ひっぱく 【逼迫】 行き詰まって、ゆとりのない状態になること
ひょうい  【憑依】(1)たよること。よりすがること。「法律に―せざる時は/明六雑誌 5」(2)霊などがのりうつること。
ピーカン  【ぴいかん】〔屋外撮影現場の俗語から〕直射日光の当たる快晴の状態。
ぶと   【蚋】「ぶゆ(蚋)」に同じ。
へんぱ   【偏頗】 考え方や立場などが一方にかたよっていること。不公平なこと。また、そのさま。
ぼけ    【木瓜】バラ科の落葉低木。中国原産。小枝はとげと春五弁花が前年枝に数個ずつつく。花は紅・白咲き分け、絞りなど
ぼけ 【呆け】or惚け ぼけることぼけている人。漫才でつっこみに対してぼけ客を笑わせる方の役。老化に伴って痴呆する症状
ほふく 【匍匐】 腹ばいになって進むこと。はうこと。
まどろむ  【微睡む】ちょっとの間眠る。仮眠する。眠る。熟睡する。
むしる   【毟る】 はえているものを引き抜く。「鳥の毛を―・る」
めざとい 【目敏い】 めざと・し 見つけるのがすばやい。目が早い。
りねん 【理念】物事のあるべき状態についての基本的な考え。
りふじん 【理不尽】 物事の筋道が通らないこと。道理にあわないこと。また、そのさま。無理無体。
りょくいん 【緑陰】 木の青葉が茂ってできるひかげ。こかげ。
りんこく  【稟告】 〔「ひんこく(稟告)」の慣用読み〕申し出ること。申し上げること。申告。
やまのかみ 【山の神】 山を支配する神。農家では春秋に田の神。頭の上がらなくなった自分の妻のこと。
ようせい  【夭逝】 年が若くて死ぬこと。若死に。夭折(ようせつ)。
スポンサーサイト

| 雑記帳 | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホントに豆な方です。

私も最近、特にアルツが、、、へへっ。冗談ではないですよ。本当です。
特に人の名前が出てこないです。困ったものです。
それに比べて、義父や、実母は、しっかりと記憶力と言うものが備わっているみたいです。
ところで、蘚類、この漢字を検索するだけでも時間がかかりますよね?ごく最近、私も検索いたしましたよ。
も一つ、地位類という種類があるのも覚えました。
ちなみに、私もいつの日か山の神と呼ばれるようになりたいです。はは。

| かよちん | 2006/09/21 13:13 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!

地衣類・・・これは!もしかして・・・。

日本語もうっかりしてると勘違いして使ってしまったりして、辞書って面白いですよね。

私は荒神や民話、伝承話も好きなんです。
あらぶる神・・・小説になりそうな響き
ワクワクして聞いてしまいす。
(かよ様の山ノ神から連想してコメントしてます。)

あんまり関係なかったですね^^。

| *sun | 2006/09/21 16:21 | URL | ≫ EDIT

かよちんさん

豆ではないアルツと暇じゃー(笑)

Sunさんではないですがネットの歩いた先が分かってしまうね(^_-)v
悪い書き込みなど足がついてしまう!

>も一つ、地位類という種類があるのも覚えました。

ちいしょくぶつ【地衣植物】で載せてあります。
そういえば、ご主人は「山の神」とは言わないよね。

| px3 | 2006/09/21 16:32 | URL | ≫ EDIT

sunさん

まだ明るいですー(^_-)v

地位類、明らかに→地衣類です。

「荒神」とな
******************************************************
あらがみ 【荒神】
たけだけしく、霊験あらたかな神。
「波につきて磯回(いそわ)にいます―は/山家(雑)」   goo 辞書
******************************************************
こうじん くわう― 1 0 【荒神】
(1)民俗信仰の神の一。竈神(かまどがみ)として祀(まつ)られる三宝(さんぽう)荒神、屋外に屋敷神・同族神・部落神として祀る地荒神、牛馬の守護神としての荒神に大別される。
(2)荒神(1)が家を守るように、陰で守護する者。
「そりやもう、おまへに―さんがないとも云ふまいさ/滑稽本・浮世風呂 4」    goo 辞書
******************************************************
もっち下の意味ですよね。

辞書って面白いです(^_-)v

昔は「荒神様」(こうじんさま)といって竈(かまど)=レンジに祭ったものです。

| px3 | 2006/09/21 16:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/224-0a8e57b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。