Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ピースの胃捻転記録』

2002/02/05 ピースが胃捻転になりました。その時の記録です。


何かの参考になれば幸いです。



 2月5日ピースが胃捻転になりました。
夕方6時ころ給仕しました。胃捻転の状態ですが、ご存知レトは何でも口にいれるたがります。たまには自身で吐くことあるのですが8時くらいです、普段と違う様子でした。吐けませんでした。何回かそんなことしていたのですが、そのうち、疲れたような素振りでフセの状態をしていました。

 いやにお腹が大きいなぁと触ってみて!(◎o◎)オヨヨです。
もうパンパンの状態でした。この時はまだ硬い感じではありませんでした。 獣医師に診てもらうか考えましたが、一晩様子見ようと思っていました。膨れは一向に引かずかえって硬さが出てきたので、即獣医師に電話を入れ、駆けつけました。11時半でしたから、5時間は過ぎていました。超音波、レントゲン、血液、触診と検査の結果、胃捻転と診断されました。あとはお願いしました。
 その後獣医師は準備をして午前1時から手術開始。腹部切開後、胃の位置を直し、内部から圧迫と口からの吸引で内容物を取り出しました。内容物を見ても異物はなかったようです。ただ発酵して大変だったようです。手術は午前3:30分までかかったようです。

 翌日連絡をして面会にいきました。本犬はいたって元気で何もない素振りでしたが、お腹はバッサリ毛がなくなっていました。そして15cmくらいの縫い跡がありました。もし気づかずにいたら、危険だったようです。9日午後7時に迎えにいきました。
 大型犬では胃捻転なる可能性があるようです。食後は運動はさせてはいませんし、自分ではその原因思いつきません。食事は一日一回、夕方与えていました。その日午前中少し時間があったので、ディスクの練習をしました。
 そこで、ネットで検策した結果、次のようなこと分りました。

*******************************************************
【胃捻転】
原因
  胃拡張から胃がねじれる。食道と幽門がふさがり胃が膨満。胃と脾臓に
  ガスや血液がたまり膨らんで脾臓、心臓その他の内臓を圧迫し血液がたまり
  ショック状態になる。
症状
  ガスの貯留により鼓音を発す。吐き気(吐こうとするが吐けない)、
  腹痛、腹部膨満、循環障害からのショック症状。グレート・デーン、
  ボクサー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、秋田、セント・バーナード
  など大型犬・超大型犬で胸の深い犬種に多い。まれに他の犬種も発病する。
  コリー、ボルゾイ、ダックスフンド、ペキニーズ、コッカースパニエル
  柴犬、プードルなどなど
治療
  早急の開腹手術ねじれた胃を元に戻し、胃をろっ骨の肉に縫い止める事、
  術後は抗生物質、輸液。
看護
  一定期間の絶食からぬるま湯、流動食、食餌は量を減らし回数を増やし、
  飼い主が観察できる時間に与える、食後の運動厳禁。

 1)大型犬、特に胸郭が縦に長い"胸の深い"犬種呑気による胃拡張が
   胃捻転の前に起こると考えられる。

 2)1日1回はやめた方がよいです。1日2回にしま しょう。
   これは胃の拡張を小さくするのに役立ちます。1日1回の食事だと
  どうしても胃が急に大きくなり胃拡張になり易くなります。
    ガツガツ食べ、ガブガブ飲むタイプの子に危険因子が高いので、
   とりあえず人為的にそれを避ける策です。

 3)水のがぶ飲みも注意が必要です。理由は上と同じです。
 
 4)食器の高さが問題である。フードは乾燥したものが良い。ふやかした
   ものが良い。

 5)神経質な子に多い。物音に敏感である。痩せた子に多い。

 6)食事直後のゲップも大事な要素らしいです、ゲップをしたか必ず確
   かめる。

 7)発見が遅れると致命的なので、一度なった子は素因があると考えて
   (再発率:70~75%)飲食後と激しい運動後は要観察を怠らない。

ここをお読みになった方々は頭の隅にこの病気の事を置いておいてください。
様子が変だと思ったら即病院へ!早ければ早いほど生存率が高いです。
*****************************************************
以上ですが、同じ大型犬飼育の皆様に、参考にと書きました。

食物の胃内停留時間が長い、などがあげられます。
特に胃内停留時間に関しては発育過程におけるカルシウムの過剰摂
取が原因の1つであると考えられています。カルシウムはガストリ
ンという物質の分泌を促進しています。ガストリン分泌亢進は胃酸
分泌の促進、胃の収縮力を弱める、胃粘膜を肥厚させる、などの原
因になります。胃粘膜の肥厚は胃が空なるのを防げます。またカル
シウムの過剰摂取の母親から生まれた子犬も将来鼓腸を起こしやす
い犬になる可能性が高いといわれています。
 
スポンサーサイト

| 病気・けが | 14:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゲップは

いいんですね。

なんだよーーハナ~
きたないよーーと言ってました(^^;

| ハナママ | 2004/12/11 22:07 | URL | ≫ EDIT

ピースちゃんは・・

ピースちゃんは色々やってたんですね。ティナを飼い始めて、一番気をつけなくてはいけなくて怖いのは・・「居捻転」と「熱射病」だと思っています。

症状もある程度固体によって違うでしょうし・・ほんとに飼い主がどれだけ早く気がつくかってことにかかってくるんですよね。。そんなことにならないように気をつけながら祈っています。できれば、元気なまま一生を全うさせてあげたいですもんね。

| tinamam | 2004/12/12 13:53 | URL | ≫ EDIT

ハナママさん、確かめてはいませんです。
ネットで集めた情報です。

>ティナママさん
仰るように胃捻転、熱射病は時間との勝負ですよね。
飼い主の少しの知識で救われることがありそうです。
その割にズボラな飼育です^_^;

| px3 | 2004/12/12 19:53 | URL | ≫ EDIT

病気

この夏 室内飼いだというのに脱水させて点滴騒動しました・・・
ついついまだ大丈夫なんて思っていたら甘かった
室内でも熱射病あるんですよね
ケチらずクーラーつけるようにしました 
胃捻転 ご飯を食べた後の散歩はダメというのは聞いたことがあります
こういう理由だったのですね
気をつけます

| tamtam | 2004/12/12 21:13 | URL | ≫ EDIT

tamtamさん
おっや!Cherryちゃんもそんな経験が‥‥熱射病というより熱中症!
大事に至らずよかったですね。
このサイトにお見えの中にも経験者何人かいるようです。

情報ありましたらお願いします。

| px3 | 2004/12/12 21:56 | URL | ≫ EDIT

水を飲まない

cherryは水をあまり飲みません
手作りご飯なのでそこで水分をとれるし真剣に走ったときには遊び終われば飲みます(途中では飲みません) 
その日もお友達ワンがきていましたその子はお水をとても飲む子でしたのでお水はいつも飲めるようにしてありました
夕方になり玄関で伏せしたような状態でぐったりとしているのを見て焦りました トイレの回数も考えたらいつもより少なかったです
病院に行くと脱水してると言われて点滴になりました 最初に言われた量よりも大い2本分の点滴になりました
この日から水分とってほしいときには牛乳をちょっとたらしたりしています
これだけで少しは飲みます
黒い子は家の中でも注意しないといけないそうです
真夏の出来事ではなく6月の中ごろの出来事でした 真夏ならばクーラーをつけていたでしょうが 梅雨のころ急に暑くなるとつらいのは人間よりも小さなワンなのだと初めて知りました

| tamtam | 2004/12/13 09:01 | URL | ≫ EDIT

Re:水を飲まない

これは、cherryちゃんが室内で脱水症状起こした時ですね。
無理やり運動などさせてなるのでなくて、室内にいてなるー、余程暑かったのですね。
そうですよねワンはいつもあの毛皮一枚背負っているんですもん!

水はいつでも飲める状態にしておいても飲まなかったのかな、それとも与えた後は取り上げてしまうのかな。
家ではいつでも飲みたい時には飲める状態にしてあるから、自分で脱水症状になるほど飲まないことは考えられないです。

| px3 | 2004/12/13 12:31 | URL | ≫ EDIT

水はいつでも入れてあるのです
その日もお友達がたくさんのんでいたので何度も水を追加していたのに
cherryものむ?とさそったりしていました
散歩から帰ると朝シャン台の蛇口から飲みます・・・・
蒸し暑い感じではなかったのですが
本当に小さな子もそうですがちょっとした油断であれあれという間に悪くも良くもなるものだと驚きました
水入れの水がすくなくなっていれば洗面台のあたりでウロウロするのできずきます
なぜあの日cherryが飲まなかったのか今だにわかりません 友達が飲んだあとでいやだった? まさかですよね

| tamtam | 2004/12/13 17:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/16-2e8bd37e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT