Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『野生動物 保護 飼育』

2006 08 19 ミント



なんてのでググッてみた。野生動物を保護してよいのだろうか。野生動物を飼育してよいのだろうか。
野生動物を捕まえてもようのだろうか。ちょっと重い話題になるが検証したいと思います。

友人が傷つい野生動物を保護した。それはカモのようですが特定できません。犬の散歩中でしょうか、自力で動けない状態、そのまま置いたら近くにカラスも飛んでいるようですし他の野生動物から狙われること必至と保護するつもりで連れ帰ったのです。さて連れ帰ってどうしらよいのか迷った挙句の相談です。

野生動物は人間と同じ生態系の中で生きています。自分達の力で生きています。そのままにしておけば生きてはいけないだろうが人がかってに手を加えてはいけないのではないのかな。倫理的に見れば生きることを助けることは良いことが、その種の変化を人為的に左右してしまうことになる。野生動物の多くは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」等々により、許可なく捕獲、飼養することが禁止されています。速やかに各自治体の野生鳥獣保護窓口へ連絡、警察に連絡保護してもらいます。その後は動物園や保健所で保管でしょう。




検索の結果傷ついて動物園に運ばれてきた野生動物の話が出ていた。

人間が長年暮らしているうちに、母なる地球は野生動物にとってだんだんと住みにくい地になってきている。私たちの身近でも、人間が原因でたくさんの野生動物が傷つき病気になって、中には絶滅していくものもあるようです。傷ついて動物園では運ばれてきた野生動物を保護し、野生復帰と個体の有効活用を目指しておるようです。が、しかし人間の生活に有害な影響を与える野生動物は保護していない。それは駆除が必要と判断されている動物をわざわざ治して野生に戻すことなどしないのです。他に外来動物も同じ扱いです。
保護された野生動物の運命は、死亡、安楽死、飼育継続、野生復帰のいずれかです。保護動物は自然界からのはじかれものと考え、野生復帰を目指すためのハードルを高く決めている。治療終了後にハンデが少しでも残ってしまった動物を、希望をこめて野生に放すことはしない。本来、野生動物が人間の手に捕まった時点で、その命は一度終わっている。



個人ではどうでしょうか。上記の通り野生動物の多くは許可なく捕獲、飼養することが禁止されています。保護したとしても法的には捕獲したことになります。事故や病気などが原因で動くことが出来なくなっていたからこそ保護したのですが保護飼育の許可はなかなかもらえないそうです。それはまちがって保護する人が多いからだそうです。

その保護捕獲は、本当に保護なのでしょうか?その野生動物の為になっているのでしょうか。善意の保護とおもっていてもそうでないことも考えられます。人道的、倫理的には許されませんが、そっとしておいてやることが一番かもしれません。人が手をかさないで自然の中で生き、死にせてやるのです。その種が自然環境の中で生存に適するものが残り適しないものは消え去る現象、淘汰であり自然の摂理ではないでしょうか。また、自分では育てられないからと保護をしなくても決して悪いことではないと思います。
が、人道的には辛いものあります。

これらの問題と全く違った観点から野生動物との不用意な接触は人畜共通感染症被害を引き起こす可能性があります。鳥インフルエンザの話題が大きく取りざたされる昨今、人畜共通感染症被害を防ぐためには野生動物と適切な距離をおくことも必要です。野生動物との接触は常に人畜共通感染症のリスクが伴うことを忘れないでいたいです。犬だって同じですね。


一方日本には野生動物保護事業について、野生動物を専門的に救護するための施設もあるようですがまだその数が全然足りません。救護活動方法など国全体でよりしっかりと取り組んでいくべき課題だとおもいます。

野鳥の保護する時の留意点などここにあります。



スポンサーサイト

| 病気・けが | 20:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最近テレビで見ましたよ。

同じような内容のテレビが最近放送されていました。基本的には、野生動物は、保護しないように、自然淘汰という摂理に反しますから。と言う事でしたが、ごく一部の地域には、野生動物専門の獣医さんが駐在してらして、保護された動物を可能な限り治療してあげて、一定期間の自然に返す為の飼育を行ってから自然に戻すという活動をしてらっしゃいました。しかし、いろいろな理由で自然に返す事の出来ない動物を90頭引き取ってらして、頭を悩ませてらっしゃるようでした。安易な考えで野生動物を保護してはいけません!と言う内容だったように記憶しております。生態系の問題とか、環境や人間生活を脅かすような原因を作ってしまうらしいです。何とも難しい問題ですね。

| かよちん | 2006/08/22 10:05 | URL | ≫ EDIT

かよちんさん

そうなんだよ。
動物好きな方は人は、いや一般的には人の手で飼育していようが、野生動物だろうが生物に変わりなく愛おしく思う気持ちは同じです。大部分の方は怪我している動物をみて援けなければと思いますよね。↑のように書きましたが本音はそちらです。

| px3 | 2006/08/22 11:53 | URL | ≫ EDIT

野生動物の保護?

おはようございます(^^)
ちょっと話しが違う?かもしれませんが、まぁ~呟いてみたいと思います。

我が家の前にはJRが走っています。山沿いにJRが走っているので(田舎ですので)、夜中には野生動物(鹿・狸・猪)が下りてきます。特に鹿は、夜、列車が通らなくなる時間を知っているようです。夜中に仕事に行く時、帰ってくる時なんて・・・怖いんです!!一頭ではなく何頭もいるんです!バンビもいますし、りっぱな角をもった牡鹿もいます。

時々この鹿さん達、列車にひかれてしまう事があって・・・。そこで、JR?県?市?なのか分かりませんが、線路に入れない様に、何て言うか・・・柵のような物を立て、対策を取ったようです。我が家のすぐ近くにもそれがあります。そえですね~、3~4ヶ月経ったでしょうか・・・相変わらず夜中には鹿のグループが出没しています^^;う~ん、列車にひかれた・・・という話しは聞いていませんね~。でも柵対策の効果は無いように思います。

| かんなママ | 2006/08/24 09:54 | URL | ≫ EDIT

追伸

そういえば、昨日位から、かんなハウスが臭かったんです。台所の側にハウスはあるので、生ゴミ臭いのかな?なんて思っていました。今朝は生ゴミ収集の日。???生ゴミを出した後もハウスは臭い続け、かんなが臭いのかな?と思い臭いましたが、異常なし・・・ホッ^^;
おかしい!と思い家の裏の方を見ると・・・(>_<)おおー!!蛇が死んでいるー!!
まだ除去していません・・・。衛生面からしても早く除去した方が良いですよね・・・ウウウウ(/_;)

| かんなママ | 2006/08/24 10:10 | URL | ≫ EDIT

かんなママ

優柔不断のトピに呟きコメントVery Thanks。
バトンも無事渡せたようで……一本は関東、もう一本近くを歩いています(^_-)v

本文にも書いたけど我々人間は野生動物と同じ生態系の中で生きています。
と云うか生かしてもらっていますが正しいでしょうか。そんな考えがあれば保護、飼育などとはおこがましいことです。互いの分野を弁えた生育域ってあるのではないでしょうか。野生動物に弁える(人としての道理)など無理か。
自分達のためだけにかってに鉄道や道路を作り柵で保護ってのも結局は人間のだけのことを考えた結果ですよね。
こんなことを言いながら自然からの恵みものと称して山菜や野生動物まで食すこともあります。勝ってはやはり人なんでしょうね。

ヘビですか~ゴメンですー(^_^;
ってことは、かんなママさんちの回りには居る環境なんですか。
かんなちゃんでなくて良かったですね~(^_-)v

| px3 | 2006/08/24 11:22 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

とってもPX3さんらしい、コメントです。そして共感いたします。かよさんと同じくテレビで最近観ました。野生動物の保護に協力している獣医さんがこんな事を言っておりました。「野生動物が簡単に人間の手に入るほどの状況にあるときは、ほとんどのケースで助からない程のダメージを追っていて、60%以上の確立で処置しても助からない。」そうです。

動物と関わるときは、きちんとした知識が必要ですね。野生にしろ野良にしろ、むやみに親切心で餌付けしても、それが招く不幸も多いですし。

論点がずれてしまいますが飼えなくなったペットを、野生に放したりして、起きてる問題、飼えないなら適正に処分する責任もあると思います。
命と向き合う事は、“生”の部分ばかりだはなく、いつか“死”とも向き合わなくては、いけませんものね^^。

実際、何の検疫もされずに輸入されてる野性の海外の動物や昆虫、お腹の中にどんな寄生虫や感染症を持っているかもしれないのに、野生に放すなんて一歩間違ったら、バイオハザードです。

むやみに助けるのも人間のエゴかもしれないし、助けるなら根本的な共存環境についてもっと勉強していかなくてはいけませんね。地球温暖化も止まらないようですし。

なんだかドンドン重い話題に・・・。
一端、引き上げますね^^;

| *sun | 2006/08/24 17:22 | URL | ≫ EDIT

これはsunさん

重たい話題にコメント Thanks。
最近生き死に直接立ち会ったsunさんならでのお言葉です。勉強しました。
私はどちらかと云うとほとんど考えずに、お気楽クロコと遊んでばかりですー(^_^;

バイオハザード 【biohazard】実験室や病院内から細菌・ウイルスなどの微生物が外部へ漏出することによってひき起こされる災害・障害。特に、遺伝子操作により有害な遺伝子をもつようになった微生物による生態系の破壊や伝染病などの災害。 goo 辞書より引用

| px3 | 2006/08/24 21:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/145-1f2548ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT