Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『川向こうのレトリーブ』ブラインド

2006 07 09 スタンバイ!

少し練習したいと思います。GRTにはこんな種目はないとお思いでしょう。が、実猟ではこんな技いつでもあります。飛び立ったカモが川向こうに撃ち落されたことを想定しています。レト種は水を見るとテンション高くなる犬が多い。何でも持ち帰るだけであってはならない。どんな方法があるのか検証してみようと思います。



Emmaジャンプ2006 07 09 レトリーブ


Jump of Emma by nanomai




まずはレトリーブの基本、フィールドでのレトリーブが出来ることです。それとアテンションコマンド(待って注目)が効くことです。
きっと水好きな犬はスタート前でも水に向かいたくてテンション高いはずです。チャリーンと一括する必要があるかもしれません。まず意識をハンドラーに注目させること。「今日の仕事は川向こうのレトリーブ!」この意識がないとただセーブのない泳ぎ遊びになってしまう(^_^;)

スタートさせた後、対岸に向かわせますが対岸に着いたなら上がるコマンドを教えておかねばなりません。私は声符コマンド「あがれ!」を使います。探す意欲の強い犬は「さがせ!」コマンドで対岸に上がり近くを探し出すかもしれません。上がる場所も犬任せでなく左右に指示をだして上がりやすい場所を指示できたらよいですね。


アテンションコマンドまでの【MOV2006 07 09 川向こう】ムービー40秒です。


2006 07 09 草中上に上った段階でダミーの位置からから離れているなら、一旦アテンションコマンドで制止させます。そこから方向を示し左右、前進させます。水の中ではアテンションコマンドは効き難い。でも泳ぐ方向などは泳ぎながら聞いているものです。

この練習は水と云う大敵がいるのですから、短い距離から決めることとなんといってもフィールドで確実にコマンドが効くようになってからが宜しいでしょう。ホイッスルコマンドも効きにくいです。どうしても声符コマンドになってしまい勝ちですが、声をかけることにより効きの良し悪しもあるように思います。が、大きな声は紳士の遊びには向かないようですー(^_^;)


(恥も外聞もなく「あがれ!」コマンドの連発です。上(のぼり)り難いことあるでしょうが褒められたものではありません)



目的のゲームをゲットできたなら、レトリーブです。対岸から川に飛び込ますにも出来れば安全な場所を指示できたならBetterでしょう。σ(^o^;)は褒められたものではないですが、帰る途中でも勇気を与える意味で「もどれ!」のリターンホイッスル出してしまいます。

対岸に着いてから探し出し帰るまでの【MOV2006 07 09川向こうレトリーブ】ムービー53秒です。以前UPしたことがある【水上レトリーブ-2】ムービー1:14秒です。


帰ったならまずゲームをハンドラーに渡すことです。プルプルはその後が宜しいのです。
持ち帰るゲームを途中落とすこと、傷を付けないことがよいのです。これはGRTでは重要なことです。
【MOV2006 07 09川向こうレトリーブフィニッシュ】ムービー14秒です。

スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 18:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

考えてみれば、当然のように見ていましたが、Px3さんの写真は、完璧ですよね?あらためて、感動しています。飛び込むシーンの撮影は、とても難しいとおもうのですけど、、そこは、さすがです。何で、もっと、早く気付かなかったかなぁ?と不思議です。

| かよちん | 2006/07/10 17:06 | URL | ≫ EDIT

凄いでっしょ

飛び込むシーン!

ところが私にはそれが撮れない!
よって借用しています。
「Jump of Emma by nanomai 」と注釈を付けています。

そんな飛び込みシーンだけ↓に載せてあります。
http://px3.blog2.fc2.com/blog-entry-78.html 『桟橋からのレトリービング』です。と
http://px3.blog2.fc2.com/blog-entry-19.html 『Diving』です。
よいショットは全て借り物です(^_-)v

でも画像のこと話題にしていただき嬉しいです。
かよちんさんご夫婦は二人ともお写真はただものでないから~(笑)

| px3 | 2006/07/10 18:43 | URL | ≫ EDIT

px3さん、こんばんは!
対岸から川に飛び込んで戻ってくる時も、かなりの流れにも負けずに帰ってくるのですね。動画を見て思わず「頑張れ~負けるな~」っと。
ラブラが警戒作業で咬捕ができないのも、傷を付けずに持ち帰るという本来の習性からだと聞きました。
ゲームをハンドラーに渡してからのプルプルですか・・・これはどうやって教えるのでしょうか?(シャンプーの時にも役立ちそうです~毎回チョコ母、ずぶ濡れになってます・・・)

| チョコ母 | 2006/07/10 21:04 | URL | ≫ EDIT

これはチョコ母さん

また遠いところからコメントありがとうござますー。
動画の応援Very Thanks
レト種の中でもラブ種はきっと器用なのではないでしょうか。
本来猟犬として確立された犬種ですが今では家庭犬としてばかりでなく猟犬、警察犬、盲導犬と多種に渡って活躍しています。
チョコちゃんもきっとレト種本来の優しい噛み(ソフトバイト)が出たのかもしれませんね。
私がしているドックスポーツではソフトバイトは好ましいことと云われています。
プルプルの教え方ご存知ではないでしょうか、耳に口をあて息を吹きかけるのです。そしてプルプルをしたら「プルプルッ!」っと言って教えました(^_-)v

| px3 | 2006/07/10 22:22 | URL | ≫ EDIT

勇敢な感じ

犬も、ただ一緒にいるより、一緒に何かにチャレンジさせてやると、可能性が広がって、動きも生き生きとして・・・。いいなぁ♪
ここへ来るたび、ますます犬好きになります。

蚊の季節。薬を与えていても、なんか心配。

もういっそ、ドッグフードに
フィラリア予防薬混ぜて販売して欲しい~そういうわけにはいかないんでしょうね^^。

| *sun | 2006/07/11 23:12 | URL | ≫ EDIT

sunさん

忙しい中いらっしゃいませ(^_-)v
このBlogはこれみよがせな部分がありますがご容赦くださいね。
お庭のハーブ伸びたなら、採ってお茶にしまっしょ(^_-)v
ぶらっきぃちゃん大きくなりましたね。
フィラリア予防薬、半年分というのがありますよね。獣医師さんに相談してみてね。

| px3 | 2006/07/12 10:08 | URL | ≫ EDIT

教えて下さいませ。

ピースは、持来欲がなく、川にボールを投げても、一人では行きません。いろいろと試しているのですが、訓練の合間の強制の部分では、出来ますが、ボールに執着心が無いと言う致命的な欠点があり、訓練の妨げとなっております。何か、この苦しみから脱皮する方法は無いものでしようか?今のご褒美は、ただ、私の手で体を挿すって揚げるだけが、ご褒美です。ベテランさんに言わせると、それだけのご褒美で、動いてくれるわけだから、それもまたスゴイ!と言われますが、訓練する場合は、確かに人より遠回りをしている事になります。これさえ、クリア出来たらなぁー!といつもため息が出ます。

| かよちん | 2006/07/12 14:00 | URL | ≫ EDIT

かよちんさんに

「教えて下さいませ」と言われても困っちゃうな~(^_-)v
なんといってもそちらは訓練のプロに近いお方、田舎のJijiな何のアドバイス出来ましょうか。まぁちょびっとお聞きください。
ピースちゃんが川の中からボールを持って帰らせることもレトリーブの一種ですよね。
私らが今していることは猟犬の資質レトリーブを利用した持ち帰り遊びの延長です。

中には持って生まれたそんな資質まで消したい方もいるようですがレト種はほとんどの犬がレトリーブ出きるのです。
勿論、その程度、意欲などは個々によって違います。それは子犬の頃にある芽を摘んでしまったことが考えられます。
イタズラ好きな子犬の頃、物を咥えたり運ぶことをタブーさせたことありませんか。
そんな子は大きくなってさせようとしても、悪いことと頭の中にあるようでしたがらないと聞いたことあります。

仲間の中でもそれで苦労している方おります。賢いピースちゃんのレトリーブは誰か一緒なら咥えてOKとインプットされているのではないのかな。
まだまだこれからのピースちゃん、持ちかえる品が魅力あるもの、持ち帰ることが楽しいと、そして持ち帰ったことをかよちんさんが心より喜ぶことを、教えることではないでしょうか。

専門訓練の方で厳しい方には、甘っちょろい!とお叱りを受けるかも知れません。私も近年変わりました。訓練だって同じ尻尾が入るような訓練でなく、尻尾ビュンビュンが宜しいかなと思っています。かよちんさんの先生もそうでしたよね~(^_-)v

| px3 | 2006/07/12 15:51 | URL | ≫ EDIT

はい、トラウマがあります。

実は、たったの3ヶ月ほどなんですが、ピースが6ヶ月の時に、ある躾け教室に通いました。全てが終わってから、先輩の皆さん方が、一斉にボール投げをして楽しんでらしたので、ピースも!と思い、ボールを投げましたら、まだ早い!と指導して下さる方々が、一斉にピースめがけて飛び蹴りをしてくれました。唖然として、悲しかったですが、まだまだ服従もきちんと出来ないのに、いきなりボール投げをするとは何事かぁ!と喝を入れられて、叱られました。
それ以来、いつになったらボール投げが許可されるのだろう?と待ち望んでおりましたが、ある日、もの凄く恐ろしい虐待のシーンに遭遇する事となって、その瞬間、私、止めます!と行って、怒ってさっさと帰りました。その後、ピースとボール遊びをしても、絶対に取りに行く事すらしなくなりました。でも事実の話です。

| かよちん | 2006/07/12 16:18 | URL | ≫ EDIT

そうでしたか

トラウマでしたか。ピースちゃんもいろいろ経験豊富ですね。
ピースちゃんこれから目指すものが高いだけにかよちんさんも大変だと思います。

思うことはピースちゃんは選ばれてかよちん家のお子になりました。
ピースちゃんが自分からきたのではないと思います。
きっと実際にはピースちゃんが貴方々を守っているでしょうが、いつ何時でもかよちん家の皆様が守っていかねばならないでしょうね。

トラウマではないですが、近くの仲間内で水遊びを通して除々に克服しているワンコがいます。
一つ成功する度に皆で大声出して喜んでいます(^_-)v

| px3 | 2006/07/12 17:04 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

ご謙遜を~ご自身の実力を、披露するのは良い事だと思います^^。あらたまった言い方になってしまいましたが、こちらのブログも、かよ様のブログも、yoda様ブログも・・・・挙げればキリがありませんが、大好きです。

そろそろ覚悟を決めて雑草と格闘しなくっちゃいけなくなって来ました。

家のこととなると、つい不精になって、いけません、私。

| *sun | 2006/07/14 01:32 | URL | ≫ EDIT

sunさん

お付き合いありがとうございますー(^_-)v
あのお二人のスタミナは別です。
まぁ比較するのが変ですが……

草むしりなど暑いから涼しくなってしてくださいよ。熱中症になっちゃうよ~ん

| px3 | 2006/07/14 14:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/137-b5903226

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT