Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『犬泳ぎな水質』

2006 06 15 puruTop.jpg



















犬なのに泳ぎが得意!貴方は猟犬ですから……そうですレト種です。
暑い時期になると散歩がてら泳いでいます。潜ること教えられました。私は目を開けたまま1mは潜ります。なんちゃって救助犬の真似などしています。こんなことしていて良いのだろうか。時にはピチャピチャと飲んでしまうこともある。泳ぐ場所がプールとかお風呂ならこのような心配しないのですが昨今川の水質が悪くなっていると云う。果たして私らが泳いだり潜ることにに支障がないのだろうか。その対策などあるのか、検証してみます。

<※【編集部注】※
*****************************************************************
水質の説明に、水の中の物質の濃度を表す記号について説明します。水に溶けるかあるいは混じっている物質の濃度は、一般にかなり低いので、ふつうは水1L中に何mg(mgは1/1000g)または何μg(μgは1/1000,000g)という単位で示し、それぞれ次のように書き表す。
mg/L(ミリグラム・パー・リッター):100万分の1. ppm(ピーピーエム)ともいう。
μg/L(マイクログラム・パー・リッター):10億分の1. ppb(ピーピービー)ともいう。
*****************************************************************




泳ぐ場所は隣の小さな小川、千曲川水系からの潅漑用水です。稲作田んぼの取り入れ用水です。他には千曲川本流の上流です。千曲川は長野県で流れている時の呼び名で新潟県にはいると信濃川に名前をかえて日本一長い川になる。水源は山梨、埼玉、そして長野の3つの県の県境が交わる甲武信ヶ岳から始まり川上村をとおり、南佐久、佐久、小諸、上田、長野をながれて新潟県へ入る。源流から河口までの長さは約367kmである。千曲川はその支流を含めて母なる川である。この川によって潅漑用水や漁業ばかりでなく生活の基盤がつくられ産業や文化発達の基になっている。魚を育てる水には、飲料水ほど厳しくはないが、有害物質のない安全な水が必要である。水はその目的に適した水質でなければ価値がない。私らが遊ぶ場所は河川勾配が結構あり(≒1/140)流れもはやい部分もある。このように水の恩恵にあづかり我が家のワンコの泳ぎができる(^_-)vはてさてその水質は・・。

○水質にはどんな項目があるか
人間の健康状態を表すのに、体温、視力、血圧、血糖量、体重などなど、いろいろな測定項目があるように、水質を表すにもいろいろな項目がある。水質項目はまた水質指標ともいわれる。水質の指標は安全な水の管理のために重要な役割をもっているが、ここで主な指標を取り上げて簡単に解説する。

たくさんある水質指標は、いろいろな目的あるいは考えによって分類されるが、常識的には、次の2つのグループに分けることができる。以下それぞれのグループの主な指標について説明しよう。

(1)一般的あるいは生活環境にかかわる指標

(2)有害物質、あるいは人の健康にかかわる指標

この中の
(1)一般的あるいは生活環境にかかわる項目
これは、水質を考える場合に広く取り上げられる指標であり、人間や野生生物の生活環境の基礎的な水質を考える場合に重要である。

●水温
水の温度は水中で生活する生物にとっては、生存を左右する大切な条件である、水田の潅漑用水や工場の冷却用の水の水温は、直接米の収量や製造コストに影響する。また生活廃水などによる有機汚濁の浄化や水中で起きるさまざまな化学反応も水温に支配される。

●水素イオン濃度(pH)
水素イオン濃度は、ふつうpH(ピーハー)とよばれることが多い。水が酸性かアルカリ性かを示す指標で、pH7が中性である。 pHも水中の生物の生活にとって重要な条件で、淡水にすむ魚の生活にとってはpH6.5~pH8.5の範囲が望ましいとされている。

●溶存酸素(DO)
水の中に溶けている酸素の量のこと。水中の生物も陸上の生物と同じように酸素呼吸しているので、溶存酸素が欠乏すると死んでしまう。
水に溶ける酸素の濃度は、水温と気圧に左右され、 20℃で1気圧の時に溶ける濃度は8.84mg/Lである。水に生活排水などが流入し、いわゆる有機汚濁が起きると溶存酸素が消費されて低下する。その程度を示すのが次のBODである。

●生物化学的酸素要求量(BOD)・化学的酸素要求量(COD)
水の中に生活廃水のような有機物を多く含む汚水が流れ込むと、その有機物はバクテリアなどのはたらきで、水に溶けている酸素を使って分解されて、汚濁した水は次第に浄化される。これが自然の浄化作用(自浄作用と呼ばれる)であるが、その時、分解に使われる酸素の消費が空気中から溶け込む酸素の供給速度より多くなると、水は次第に酸素欠乏の状態になって、生き物の生存をおびやかすようになり、無酸素状態になると悪臭のある有害なガスも出てくる。

このような酸素の消費量によって有機汚濁の程度を知る指標がBODである。BODはふつう測定する水を20℃の暗いところに、5日間おいて、その間に消費される酸素の量をmg/Lの単位で表す。 BODは川の有機汚濁の指標に使われ、その値が高い程汚濁の程度が高いことを示す。合併浄化槽の排水基準4mg/L。
これに対してCODは、水中の有機物を化学的な酸化剤(たとえば過マンガン酸カリウムと硫酸)で酸化分解した時に消費される酸素の量であり、湖の有機汚濁の指標に使われる。川と湖でどうしてこのような使い分けをするかについては、かなり専門的になるので省略する。

●浮遊物質(SS)
水の中に溶けないで浮き漂っている小さな物質のことである。プランクトンのような小さい生物や生活廃水などに含まれる人間の食物の小さな破片なども含まれるし、大雨で濁った水の中の土砂のような鉱物質も浮遊物質である。浮遊物質は懸濁物質と呼ばれることもある。これが多くなると水の透明度がおちる。

●透視度・透明度
水中の浮遊物質量が多くなると、水は濁って不透明になる。その程度を表すのが透視度と透明度である。

透視度はかなり濁りが高い場合の測定に適用されることが多く、30cmまたは1mのガラス管に測定する水を入れ、上から見て底のマークがはっきり見える深さ(cm)で表す。一方透明度は、主に湖の水の濁りの測定する場合に使われ、ボートの上から直径が約30cmの白い円盤を湖水の中に沈めて、その円盤の存在が確認できる水深(m)で表す。透明度はきれいな湖では数十mに達することもあるが、アオコが発生したような湖では、 1m以下のことも少なくない。

●塩素イオン(CI-)
塩素イオンというのは、電解質である食塩(NaCl)が水に溶けてできる陰イオンである。人間は日常生活に食塩を使い、また農地に施す化学肥料としても塩化カリウムのような塩化物を使うが、その結果出てくる塩素イオンは、生物に吸収されたり土に吸着されたりしないで、水中に溶け出してくる。そして一方、自然界からの塩素イオンの供給は、海水の影響がある地域を除けば限られているので、内陸の地域では、自然の供給分を差し引いた塩素イオンの増加は、その水に影響を及ぼしている地域(流域という)における人間のさまざまな活動の大きさを総合的に示すよい指標になる。

●電気伝導率(導電率ともいう)
水の中に溶けている食塩やその他の電解質の量が多くなるほど、水は電気を通しやすくなる。その程度を表すのが電気伝導率で、下水や産業排水(浄化処理されたものでも)または海水の混入が多くなるほど高くなる。海水の混入がない内陸の水では、人間活動の影響の蓄積を間接的に知るよい指標になる。測定には市販の電導度計を用い、ふつう25℃における値をmS/m(ミリジーメンス・パー・メーター)で表す。

●全窒素(TN)・全りん(TP)
全窒素と全りんは、それぞれ水の中に含まれる窒素化合物の中の窒素(空気から溶け込んでいる窒素ガス以外の窒素)とりんを含む化合物のなかのりんの全量を示す。窒素とりんは、作物を良く育てるために肥料として施さなければならないように、自然の水の中でも湖の植物プランクトンや川底の付着藻類の増殖にとっては不足している成分なので、水の中にこれらの成分が増えると(この現象を富栄養化という)アオコのような植物プランクトンや川底の藻が増え過ぎていろいろな問題を起こすようになる。近年、富栄養化は湖でも川でも問題になっているので、この2つの成分はその程度を知る指標として重要である。
なお無機態の窒素成分のうち硝酸態の窒素(NO3-N)と亜硝酸態の窒素(NO2-N)は、人(特に乳児)の健康に害があるので重視される。

●大腸菌群細菌
人間の糞便の中には大量の大腸菌が含まれている。だからこの細菌を指標にして水質の検査をすれば、チフス菌や赤痢菌のような消化器系の伝染病菌による汚染の危険性を間接的に知ることができる。ただし大腸菌群細菌の検査法で検出される細菌の中には、人の糞便にすむ大腸菌以外でこれに似た細菌も含まれてしまうので、糞便汚染をもっと正確に知るには、別の方法で本当の大腸菌だけを検出する試験をしなければならない。

●一般細菌
食品工場など生物原料を処理する工場の廃水や生活廃水などで水が汚染されると、その中に含まれる有機物を分解する細菌が盛んに増殖する。要するに多かれ少なかれ水が腐るのである。一般細菌というのは、このような細菌の仲間の全体を指し、水の有機汚濁の程度を示す指標になる。

続いて
(2)有害物質、あるいは人の健康にかかわる項目
鉱山や工場の排水、農薬の散布、その他の原因で、野生生物の生存や直接人の健康に害を及ぼすような毒物や有害物質が流れ込むことがある。このような危険な汚染を監視するために、例えば次のような成分が安全の指標として法律で指定されている。カドミウム、全シアン、鉛ですが省略します。


○ここに生活環境の保全に関する環境基準─河川 項目 利用目的の適応性 基準値を載せてみます。
湖沼に関しては別基準値があります。ここには載せません。

順番は 類型  水素イオン濃度(pH)  生物化学的酸素要求量(BOD)  浮遊物質量(SS)  溶存酸素量(DO)  大腸菌群数

AA  水道1級、自然環境保全及びA以下の欄に掲げるもの  6.5以上8.5以下  1mg/L以下  25mg/L以下  7.5mg/L以上 50MPN/100ml以下

A  水道2級、水産1級、水浴及びB以下の欄に掲げるもの  6.5以上8.5以下  2mg/L以下  25mg/L以下 7.5mg/L以上1,000MPN/100ml以下

B  水道3級、水産2級及びC以下の欄に掲げるもの  6.5以上8.5以下   3mg/L以下  25mg/L以下 5mg/L以上  5,000MPN/100ml以下

C  水産3級、工業用水1級及びD以下の欄に掲げるもの  6.5以上8.5以下  5mg/L以下  50mg/L以下 5mg/L以上 -

D  工業用水2級、農業用水及びEの欄に掲げるもの  6.0以上8.5以下  8mg/L以下  100mg/L以下  2mg/L以上 -

E  工業用水3級、環境保全            6.0以上8.5以下   10mg/L以下  ごみ等の浮遊が認められないこと。 2mg/L以上 -


日間平均値により評価。
農業用利水点については、水素イオン濃度6.0以上7.5以下、溶存酸素量5mg/l以上とする。(注)

自然環境保全:自然探勝等の環境保全
水道1級:ろ過等による簡易な浄水操作を行うもの
水道2級:沈殿ろ過等による通常の浄水操作を行うもの
水道3級:前処理等を伴う高度の浄水操作を行うもの
水産1級:ヤマメ、イワナ等貧腐水性水域の水産生物用並びに水産2級及び水産3級の水産生物用
水産2級:サケ科魚類及びアユ等貧腐水性水域の水産生物用及び水産3級の水産生物用
水産3級:コイ、フナ等、β-中腐水性水域の水産生物用
工業用水1級:沈殿等による通常の浄水操作を行うもの
工業用水2級:薬品注入等による高度の浄水操作を行うもの
工業用水3級:特殊の浄水操作を行うもの
環境保全:国民の日常生活(沿岸の遊歩道等を含む)において不快感を生じない限度

○私達がいつも泳がせている場所は『A』にあたります。
水の水質はBODは2mg/L以下でSSは 25mg/L以下です。大腸菌郡数は1,000MPN/100ml以下と出ています。そして利用目的の適応としては「水道2級、水産1級及び水浴及びB以下の欄に掲げるもの」とでました。すなわち水道2級:沈殿ろ過等による通常の浄水操作を行うもの。水産1級:ヤマメ、イワナ等貧腐水性水域の水産生物用生息、水浴してもOKなんでしょう。実際水遊びをしている方も見られます。透明度は泥や腐葉があることからすぐに濁ってしまいます。100cmはあるでしょう。

○千曲川の水質の現状
長野県の『水質測定結果』千曲川の平成9年から15年までの最近7年間のBOD値の年間平均値の結果を見ると、おおむね長野県内の全ての地点で環境基準を満足している。東信地区千曲川では0.6~2.2と年々減少傾向にある。特に上流、支流では環境基準AAの1以下である。また人の健康の保護に関する項目(水に溶けている有害物質)でも、環境基準を超えたものは一つもない。これらの測定結果で見る限り千曲川の本流はまだ清流である。

○富栄養化と川底の環境
千曲川に流れている水のBODは確かに低いが、釣りをする人や川底にすむ水生昆虫などを調べて川の環境を考えている人などに聞くと千曲川の川底はヘドロがたまっているとのこと。それは基準にはない全窒素(TN)や全りん(TP)が増えていることが原因と分かっています。結果植物プランクトンが増えて、アオコの発生するような富栄養化問題(これも水質汚濁の一つの現象である)が起きるのです。しかし急流の千曲川上流には発生しにくい。その代わりに川底の石につく着生藻類の増殖がさかんになる。特に春大発生する着生藻類である。下流の流速が遅いワンドや流れの縁の浅瀬があると、川底に沈殿して腐敗する。

○川の水質や環境を自分で調べるには
川の水質を項目ごとに測定して、公に認められる正確な数値として公表するには、採水の仕方、検査の前の試料の保存の仕方、分析や測定のための試薬や器具の準備、専門的で高価な分析機器、そして専門の技術者として認定された公的な資格などが必要で、だれにもできるというものではない。しかし、項目ごとの水質の特徴が総合された結果として川の"水環境"を評価することは、専門的な訓練を受けていない人でも、化学や生物について少し勉強したり、五感をはたらかせたりすれば誰にもできる。

このような誰にもできる水質や川の環境の調査法はいろいろあるが、ここでは次ぎの3つの方法について簡単に説明しよう。
(1)生物学的水質調査法-川底にすむ小さな生物を調べる
(2)五感をはたらかせる方法一手足を動かし、目で見て、においをかぐ
(3)水質のパックテスト-市販の水質測定用のパックを使う

いつも気にかけていて水の中の生き物、水生動物に感心があればおおよその見当はつきます。夏場になれば時には子供を交えて水遊び、水泳も見られます。

2006 06 15  Biwajimabasi2006 06 15 px3.jpg2006 06 15 Peru.jpg








○結論です。愛犬を水遊びさせたい為にその水質を調べてみました。『A』にランクされても自然の川の水で細菌が一匹もいないなど考えられません。愛犬の健康管理を考えてみればどんなところで泳がさせても後は清水でシャワーさせることにしました。人間がプールで泳いでも、お風呂に入った後でもシャワー使うのは常識です。この生活環境の保全に関する環境基準─河川および湖沼は各都道府県によって調査されているようです。皆さんのところでは水質は如何でしょうか。
飛び込む前は透明度300cmのダム湖で潜る愛犬Pou練習の失敗の図【MOV02006 06 08 Pou失敗の図】 載せます。



スポンサーサイト

| WT(Waterwork Trial) | 17:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おおおお、感激してますぅー。

px3さん、何でみんなにお詳しいのでしようか?凄いです。他に言葉が見つからないボキャブラリーの少なさにどうもです。最近も川遊びをさせましたが、どんなに面倒でも一応シャワーで洗い流してあげてます。でも、時々、調子に乗って、川の水を飲んだりしているんですよー、一応、翌日のう○ちを見るまでは、心配です。あれって、止めようがなくて、、川に入る前に水をたくさん飲ませたら、幾分飲まなくなりましたけど、、ついつい私が油断して忘れてしまっています。気をつけなければいけないですね。

| かよちん | 2006/06/12 12:51 | URL | ≫ EDIT

すみましぇーん、誤字です。

みんなに、ではなく、こんなに、でした。すみません。

| かよちん | 2006/06/12 12:53 | URL | ≫ EDIT

かよちんさん

、まてよかよさんがよいかな(^_-)v
あなたのお友達のアドバイスから少しばかり勉強してみました。
「水」のことは以前から興味がありました。
仕事がらBODとかSSなどは知っていましたが、一番は愛犬たちの健康を考えてみたのです。

昨日も泳がせてしまいました。狩猟関係では水に入ること当たり前のようです。
でも汚れた川に入ることはその道の獣医師さんでさえ気を使っておられるようです。↓
http://park3.wakwak.com/~wkhtdg/index.htm
そうか、う○ちまで見るのかー。お利口さんは近づかない方が宜しいのかな。

そうそう「誤字」などあった時は「編集」キーをポッチとっと押し「訂正」「削除」可能ですー。
もっち「Pass」も記入します。

| px3 | 2006/06/12 14:42 | URL | ≫ EDIT

深い

見識、4匹の愛犬たちは、とっても幸せですね^^。
失敗の映像、Pouクン?
困ってる感じでしたね。

コマンドに対して理解しようとしてるのが、犬らしい。

子犬は、無邪気なものですが、バニラも、なんとかしなくちゃとウロウロしてることがあります。

この姿って、犬も大人になったって事なんでしょうね。

| *sun | 2006/06/13 22:08 | URL | ≫ EDIT

Re:深い


しっぱいは長男Pouです。
まだまだ深くはないです。かよさんのお友達は6mだそうです。そして沖縄では9mのワンコもいます。
パール(三女)はこの夏はなんとか2mに挑戦させようと思います。<出来る出来ないは別です・・・

手作りケージ完成なようでこれで同居できるのかな。

| px3 | 2006/06/13 22:41 | URL | ≫ EDIT

リンクしました。

今日の日記にて、こちらのサイトをリンクしました。事後報告ですみませんです。どうぞお許し下さいませ。

| かよちん | 2006/06/14 00:02 | URL | ≫ EDIT

かよさん

↓の記事のことですね。
、かよさん遠いところからリンクありがとうございます。
ちょっとはずい(^_-)v

| px3 | 2006/06/14 06:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/130-828b2168

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT