Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『はなせ』を教える

Peru-咥えて.jpg

GRTをしている時に「はなせ」が出来ない子がいます。
持ってきてもなかなかはなせない、時にはその物を咥えて別の場所で遊んでしまうとか……
その出させ方のよい方法をとあるサイトで見つけました。咀嚼して私なりにアレンジして載せてみたいとおもいます。
この方法はsaboさん が使っていた「フリーシェーピング」の方法と一緒でしょう。


咥えて持ってこれることが出来ること前提です。
関連は『咥えて』練習 に載せています。




1:犬の好きなおもちゃなど用意して、「持ってこい!」とコマンドを出し持ってこさせます。そこまで持ってきたことを褒めることと咥えていることが楽しいことを教える意味で引っ張りっこ遊びをします。

2:少ししたら今度はおもちゃをゆっくり体に引き寄せ、犬がおもちゃをはなすまでじっと待ちます。この時言葉はかけません。目線をそらし、かたくなにじっとしています。ここが「フリーシェーピング」です。

3:犬がつまらなくなって自発的におもちゃをはなしたら、すぐに褒めておもちゃをいったん引き上げます。はなしたことを褒めるのです。

4:犬がおもちゃをはなす時間が早くなってきたら、ここで「はなせ」と、コマンドをつけていきます。はなす寸前に「はなせ」と声をかけ、はなしたら褒めてあげてまた遊びを始めます。

おもちゃをはなしたら一巻の終わり…と考えている犬はなかなかおもちゃをはなしません。「はなせ」を教えるのにも苦労します。
でも、このように教えてゆけば、犬たちは人間に対抗したり叱られたりすることなく「はなせ」を身につけることができます。
人間にとっては、ある目的のために犬をトレーニングしていることになるのですが、犬にとっては、楽しい遊び以外のなにものでもない。
遊びだからなせる業です。愛犬と一緒に楽しく遊び楽しくトレーニングをなさって下さい。
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

\(◎o◎)/!

私の名前が大きく出てたので驚きましたー!(爆)

自発的な行動を待って褒めるという方法ですね(^^)
「シェーピング」と言うよりも、人によって言い方はまちまちですが「キャプチャ方式」(ペギー・L・ティルマン語)の方が合ってるかなって思います。これも自発的にした行動を褒める方法です。例えばたまたまオスワリの体勢を取っていた時に、褒めてそれをオスワリと教えるといった感じで。
シェーピングは特定の行動から無駄な動きを削っていくといった感じです。フリーシェーピングは誘導なしで犬が自発的行う行動から、無駄な行動を削り取り作業となります。
そうそう「ティッシュ」の技、フリーシェーピングで出来ましたよ(^^)v

「はなせ」は私もこの方法で教えました。
こんなバリエーション化してしまいました(笑)
これはとと版です。
・「アウト」・・口から出す
・アゴを触る・・口から出す
・「テイク」・・拾い上げ、持って来て口から出す
・「ギブ」・・手に渡す
・ボール持来・・手に渡す
・フリスビー持来・・ポイ捨て

と書いてみましたが5割出来ってとこでしょうか(笑)
良からぬ物を持ってる時は「オイデ」が一番有効なようで、物品捨てて走り寄ってきます^^;

| sabo | 2006/05/17 01:45 | URL | ≫ EDIT

saboさん

saboさんの説明、具体的で分かりやすいかな。
本文に書きましたが他の方のパクリなんです。優しく女性的な教え方ですよね。

実際の私はもっと直接的な教えです。
出せはだせ!と教えます。

>そうそう「ティッシュ」の技、フリーシェーピングで出来ましたよ(^^)v

あのクシャミをしたらティッシュの箱を持ってくる技ですね~(^_-)v

| px3 | 2006/05/18 20:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/126-926607cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT