Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『マーキング』【marking】(記憶力)


2002 12 12 Pearl

























GRTでは犬の記憶力などと訳されています。目で見て記憶することです。レトリーブはこの方法が基本のようです。
ガンドックはハンターの撃ち落とすゲーム(獲物)を側でじーっと見ています。撃ち落してハンターの命が出てスタートさせます。という設定で競技が行われています。
犬は鼻ほど際立っていないが目も人間より良いようです。特に動態視力はよいです。例え遠くに離れていても動くものには敏感に反応します。

このレトリーブは目から入った情報にすばやく反応させ回収させます。このようなことはほとんどの犬も出来るでしょう。ところが一度に多くの獲物撃ち落した時はどうでしょうか。それも命あらば回収しなければなりません。要領のよい犬がいて一度に二羽、三羽と回収する犬もいるでしょう。

GRTは紳士の遊びそれは禁止されています。中には傷ついただけで逃げ隠れする獲物もいます。見えた獲物の回収の順番はハンターであるハンドラーが決めます。さて今回はその目で探し出し「マーキング」をさせてのレトリーブ練習の様子です。

関連記事は
『夜の練習』『ラインニング』『マーキング』を高める。『距離を延ばす』『ワゴンウィール』【wagon wheel】、に載せてあります。




それでは一つのレトリーブをさせてみます。(シングルレトリーブ)
最初に教える時はDummyだけでなく犬が興味のある物がよいですね。
持ち帰る物がすぐに見つけられること大事です。場所も芝生など背丈の短いフィールドがよいでしょう。
できれば同じような興味のある物を幾つか、前もって置いておき探し出すことにそんなに力を注がなくとも見つけられようにしておきます。
持ち帰り遊びが出来ていれば一つのレトリーブ(シングルレトリーブ)は簡単にできるでしょう。ムービーでハンドラーが置いてくる方法とその場に放る方法を載せてみます。
ムービー54秒です。












2006 02 05 「記憶」 Pouシット.JPG2006 02 05 「記憶」スタート.JPG2006 02 05 「記憶」 Pouスタート.JPG






大切なことはDummyや好みの物を放る、あるいは置きに行く時「待て」のコマンドをかけ、見て待たせることです。それと瞬間はその物に注目させることです。ゲームが撃ち落される時の銃声音に置き換えられるよう、競技では「マーク!」など声を出し、回収せねばと認識させます。慣れてくると「マーク!」の声を聞くだけで落ち場所を覚えようと集中モードになります。
スタート時です、ハンドラーのコマンドとしっかりとゲームのある方向に指差します。
もう行きたくて仕方ない状態にさせたいです。


ゲームが見えていれば一直線に向かいます。中には弧を描くようにカーブする犬もいますー(^_^;)
持ち帰り途中にガジガジやブルブル遊びをする子もいます。それはまだレトリーブが楽しいことと理解していません。Dummyや好みの物を持ち帰る時は呼びこんだ犬をよく褒めてください。持ち帰ったならば“楽しいんだ!”“パパが嬉しいんだ!”と思わせることです。その一番は心から誉めることと褒美です。持ち帰ったDummyや好みの物でその場で一緒に遊んでやることです。

出来るようになったら、Dummyセットからスタートまでの“時間”を長くします。
待つ時間を長くすることによってサーチモードを高め、記憶力の鍛錬にします。同じ場所に置くDummyの個数も一つにします。

この頃になるともっともっとせがみますが飽きるほどさせてはなりません。
もっとしたい時止めるのです。これが次へのモチベーションとなります。



一つのレトリーブを喜んで出来るようになりました。
次は二つの以上持ち帰り、記憶力=暗記の向上です。
場所のことは最初は平坦な見える場所を選びましたが徐々に放ったものが判別でき、記憶し易い場所に変えていきます。立ち木やベンチなどのある覚え易い場所です。草原などで特徴無い場所ですと捜し出すのに鼻を使いサーチング状態になり時間を費やします。

「待て」が出来るならハンドラーのみでも可能ですが、この練習あたりから出来ればアシスタントが欲しい。Dummyを放る役です。
まず二方向に練習する時は一方は右方向に置いたならもう一方は左方向とハンドラー中心に相対が宜しいでしょう。指示した方向以外に行くことを阻止できます。また二つを近くに置く(放る)と一つ一つ回収する代わりに二つを一度に回収してしまう恐れもあります。
ムービー52秒です。










アシスタントがいない場合にはリードを係留杭にくくりつけて待たせてもよいでしょう。犬は置いた(放った)Dummyのうち二つ目のDummyを注目するのが普通です。その注目しているDummyに向かってシングルDummyと同じようにスタートコマンドを出します。最初は一つ目は忘れてしまい回収に行かないこともあります。そんな時はリードを付けて一緒に回収しましょう。近くに行ったなら「Dummyは何処だ?」など他にもDummyがあったことを教えます。

複数のDummyのレトリーブが出来るようになったのなら『マーキング』を高める。など参考に個数を増やし、記憶力=暗記高める練習してみてください。10箇所くらいは簡単に覚えてしまいます。


2006 02 17 Emma.jpgレトリーブしようとスタート前の緊張したEmmaちゃんの顔です。 <by なのまいさん>


次のスッテップとして時には見え難いところに隠してレトリーブさせます。
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご訪問ありがとうございました。

px3さん、Pinkです。ご訪問ありがとうございました。人間ドックの結果はそれなりの年齢でした....ムービーを拝見いたしましたが優秀ですね!我が家の武蔵も訓練したいと思いますが、野原に放すとそのままどこかに行ってしまうので、何から初めて良いのやら、参考になる文献等あれば教えていただければ幸いです。
母の件ご心配頂きありがとうございます。今のところ安定しております。
それではまたおじゃま致しますのでよろしくお願いいたします!

| Pink | 2006/02/20 09:30 | URL | ≫ EDIT

口が小さい?

px3さん

こんにちは。フラウはスローワーの処へは行かなくなりました。
近距離ならワゴンウイルもできる様になりました。
ただ口が小さいのか、ダミーを縦に、くわえる癖があります。 横にして、くわえる事が少ないです。 縦にくわえて猛烈な勢いで戻ってくるものだから遠心力でダミーが口から飛んでいったりします。 その点、シャドーは顔も口も大きく、一回くわえたダミーを途中で落とす事は決してありません。(戻るスピードは遅いけれど・・・)
ゲーム落下によるペルティーがフラウは多くなりそうです。

くわえ方を矯正する方法はあるのでしょうか?

| 日本大鰐 | 2006/02/20 10:21 | URL | ≫ EDIT

Pinkさん

私もザーっと読み逃げしましたー(^_-)v
武蔵君がフラットだったことと、何かしたそうだったので不躾ながらカキコしました。

貴方のお近くにもこの遊びを熱心になさっている方もおります。宜しかったらお教えします。
私はこの遊びは犬飼育の上で「飼い主と愛犬との絆を深める」ものと確信しています。
参考になる幾つかのサイトはありますが確かな文献などまだありません。

幾つかの制約がありお金がかかることはありますがこんな↓協会もあります。
http://www4.point.ne.jp/~grt/index.html

そうそうフラットは無理かもしれませんがこのサイト↓も似ていますがFTとして紹介されています。
http://labchandaisuki.jp/

私のBlogのカテゴリー「GRT(Gundog Retrieve Trial) 」をクリックするとそれとなく参考になる内容が出るかもしれません。

まずは↓などからどうぞ。
http://px3.blog2.fc2.com/blog-entry-46.html

無理と横文字など多く入れて分かり難いことがありますが、何か御用のむきがありましたらお聞きください。

| px3 | 2006/02/20 19:55 | URL | ≫ EDIT

日本大鰐さん

お久!準備万端?(^_-)v

好き人間克服しましたね。
フラウちゃん着々ですー。まだ9ヶ月でしたよね。
貴方に教えていただいたサイト、ネットサーフインしてました。

本来ガンドック猟犬は獲物を咥えることも仕事ですから落とさないようしっかり咥えることがよいのでしょう。
ところが紳士の国では落下は勿論、ソフトバイトでないといけないようです。
近くのDukeなどは一度咥えると出させるのに骨をおることがありますー(^_^;)

縦咥えの術の矯正とな?
何処かに書いてありますね。ありました。↓

http://px3.blog2.fc2.com/blog-entry-12.html 『咥えて』練習
http://px3.blog2.fc2.com/blog-entry-104.html 『持っていけ』

コマンド「くわえて」の練習で違うところを咥えたなら「違うよ~」などと言って正しいところを咥えさせる矯正ではないでしょうか。近くで手で持ってその部分を示すなんてどうでしょうか。その部分を咥えたなら「ほめほ~め」(^_-)v
長い距離をレトリーブさせないで咥えるだけの矯正です。間違っても「鼻面を~~~~ヘ(゚゚ュ)))グイグイって掴んで放させます」などさせないで下さいな。

我家のPouも最初は紐部分のレトリーブでしたが、矯正して正しい場所を咥えることできました。そうそうダンベルの持ち帰りでも球の部分しか咥えなかったことありました(^_^;)

口が小さいとのことですが、重さでは5Kgもあるウサギを、あるいは前が見えないほど大きな獲物を運んでいると見、聞しています。
無理は禁物ですが挑戦させてみてくださいな。

| px3 | 2006/02/20 19:57 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

px3さん
ありがとうございました。
練習してみます。
そうですね 独ポは鳥猟の他にウサギ、イタチなどの獣猟での回収にも使われているので持来できない筈はないんです。
北米でも使われていますが「カナダ雁」と言う鳥は大きくて7kgにもなるそうです。 その雁の回収も平気でしている筈ですから。。。
ネットの友達でアメリカのシカゴ郊外にお住まいの方がおります。(日本人)  ご主人(アメリカの方)は実猟もすれば、FTにも参加しています。 英ポと独ポとラブを飼っています。 ご主人の次の購入希望は放鳥機なそうです。 読んでいると楽しいですよ。http://www.geocities.co.jp/Hollywood/9484/
「シャドーとフラウのパパ」と言って頂ければ、わかると思いますので是非、訪問してみてください。

| 日本大鰐 | 2006/02/21 09:00 | URL | ≫ EDIT

早速

ハンター、ジロ家のHPを覗きにいってきました。ゆっくり読んでから挨拶したいと思います。
USAシカゴ近辺な方ですね。BBSにはジャーマンな方々がいっぱいです。画像がす、素晴らしいです。

| px3 | 2006/02/21 12:06 | URL | ≫ EDIT

マーク!

「マーク!」の声が大切だったんですねー。
結構、無言で投げてました。(^^;
これからは近所迷惑にならない程度にマーク!言います。
今は雪でいやでも視界がいいのでオレオでも見付けられますが
春になったら今みたいには簡単には見付けられないでしょうねー。

| まーちん | 2006/02/22 23:33 | URL | ≫ EDIT

Re:マーク!

おやまぁ、まーちんさん今回は入ることできたのねー(^_-)v
そう云えばあちらでのムービーでは「マーク!」の声がなかったですね。
意味付けは指導書やビデオにもあります。時には銃声の音なども……

オレオ君完璧です。暖かくなったらワイルドな場所、案内しますー(^_-)v

| px3 | 2006/02/23 09:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/115-909e021d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT