Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『リモートコントロール』【remote control】 (遠隔操作)


2006 02 05 「遠隔」Pearl左.JPG


GRTでは犬の遠隔操作などと訳されています。
レトリーブにあたって記憶・嗅覚の他に遠く離れたハンドラーから遠隔操作で進むべき方向、行うべき行動指示がでます。遠く離れていて分かり難いのでホイッスルやハンド、ボディなどのアクションでコマンドを送ります。完成するとそれは見事です。「レトリバーたちの見せる神業」とはこの動きを評しているのではないでしょうか。
さて今回はその「リモートコントロール」でレトリーブ練習の様子です。
この言葉を、中には機械的で嫌と言う方もいますがGRTの技としてハンドブックにしっかり記されています。

まずは所定の距離まで喜んで前進させてその場所で止めてみます。ムービー7秒です。









関連記事は
GRT『遠隔操作の可能距離』『右旋回 左旋回』コマンド『ハンドシグナル』『距離を延ばす』、に載せてあります。



このような方法でハンドラーの指示で前進させアテンションコマンドを出し停止させてみます。スタートコマンドは「Get on」でも構わない。所定の位置まで進ませます。その後遠隔操作指示でリターンさせてみます。途中「マーキング」「サーチング」はさせません。
ムービー24秒です。









次は見えているDummyを捜させてみます。待てさせた後でハンドラーが進み左右にDummyを放ります。
前進をさせDummyを放った付近まで行ったならば「止まれ」のアテンションコマンドで犬を止め注目させます。
続いてハンドラーの指示で捜させたい方向に向かわせます。その方向は「右方向」「左方向」であったり「バック」であったりします。時には行き過ぎて「戻す」こともします。上手くDummyをGet出来ればよいが、中々見つかりません。近くまで行って「マーキング」「サーチング」を使ってGetさせます。

何のドックスポーツでもそうですがコマンドは少ないことが理想です。ムービー2,20秒です。










次のムービーは直線距離95mでアテンションコマンドを出し停止させました。左方25mにあるDummyを遠隔指示でレトリーブさせたものです。その後、前もって右方に置いたDummyをゲットさせてみました。順序失敗ムービーです。お許しください。ムービー2,25秒です。








こんな遊びもリモートコントロールの練習、確認になります。ホイッスルとハンドシグナルを使い左、右あるいは前後方向への動きの練習です。すばやく反応させるにはいつでもコンタクトが取れていることが必要です。ムービー50秒です。








2006 02 05 「遠隔」 Pearl持ち帰り時には全く違った方向に走ることもあります。
あらためてアテンションコマンドを出し新しい方向を指示します。
ゲットして意気揚揚と持ち帰る顔なんともいえません。

さあ貴方も、出来るところから愛犬で試みてみませんか。
スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/114-edd6c052

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。