Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『サーチング』

2006 01 29 TopParl白黒.JPG


GRTでサーチングとは犬にゲーム(獲物)やDummy見せないで探させレトリーブさせることです。ですから「ブラインドレトリーブ」などとも言われています。
関連記事は
『夜の練習』『遠隔可能距離を延ばす』『ラインニング』『ブラインドレトリーブ【Blind Retrieve】』『距離を延ばす』、に載せてあります。

GRTではマーキング(記憶)とサーチング(捜索)リモートコントロール(遠隔操作)を駆使してゲーム(獲物)を回収する競技です。重きはハンドラー主導のマーキングにおかれますが、犬の自主性が強く出るサーチングも魅力です。サーチングは犬の最も得意とする臭覚を使った捜索です。
実猟でもこの方法で獲物を捜索させ発見ポインテング、撃ち落してからマーキング(記憶)サーチング(捜索)で獲物をレトリーブさせています。
さて今回はそのサーチングの練習の様子ムービーしてみます。




2006 01 29 白黒Pou走り.jpg2006 01 29 白黒パール.jpg人によっては嫌う方がいますが犬本来の性質を上手く使った方法です。
見えていなかったゲームでもスタート時点で方向指示やタイミングを的確に行えば探し出す彼らの一番得意な方法だと思います。と云うことは速さがあります。例え見えているゲームでも臭覚を使います。
よって下手にホイッスルやコマンドを出し嫌気を出させて、てけてけレトリーブをさせるより効果的です。
出来れば前もって嗅がせておきたいが、実猟ではそんなことをしないし出来ません。ゲームには特定な臭いがあります。直接サーチングします。
サーチングは犬の自主性を発揮します。それだけにスピードも出てセルフ・ハンティング(頭真っ白状態)となり易い。彼らはゲームの空気中に漂う浮遊臭を求めて風下に回り左右ジグザク捜索を始めます。競技ではそんな状態になる前にゲームを発見して欲しい。

捜索状態の中で浮遊臭を求めて全く違う方向に向かってしまうことがある。そんな時にはアテンションコマンドを出し場所を指示します。またはリターンさせる。これが中々上手くできな~い。
普段の練習をしっかりしていれば、諦めることなく時間を費やしてレトリーブするでしょう。
半矢ゲームなら逃げてしまうこともあるが、Dummyなら逃げることは無い。


フィールド説明-2.jpg距離は40m、敢えてDummyの場所は見せません。ブラインドです。風は手前より奥に微風です。設定場所は猟場に近いところでしたいのですがムービー撮影では見えていないと意味がないのでDummyが隠れる程度の枯草のあるフィールドとしました。




Pouはジグザクは左右30mくらいでしょうか、2回くらいの折り返し、リリースして25秒くらいに発見しました。↓のムービー出演犬は長男Pouです。











ほとんど同じ距離ですが、リリースの方向が悪いとこのようになると云う悪い見本をお見せします。
コマンドはもう少し静かに出したいものです(^_^;) この時の風向きは迎え風でした。↑のムービーPouと捜索の方向の違い分かるでしょうか。
三女Pearlはレンジが広く長い、短いと嫌いますー。ムービーもダラダラ長いのはいやですね。1:01秒です。時々励ましのホイッスル音が聞こえますが蛇足です~(^_^;)






スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

シャドーは臭気探索の時、「ここら辺だ」と思う辺りを右に左に走りながら探しますがフラウは臭気の発生源の回りをグルグルと回り、段々とその円の幅を狭めて行き、最後にはダミーを発見します。 目に見える範囲のダミーは別にして、グルグル探索した後にダミーを発見した時は、フラウは必ず私の方を向いて確認します。何らかの合図を送ってやると、そのダミーに飛びかかります。
見つけたらすぐに、くわえるシャドー(大半のレトリバー種は同じだと思います)と、確認のアイコンタクトを取ってから、くわえるフラウ。。。犬種による違いなのでしょうかね。

くわえる前に一度、振り返るって確認する訳ですからタイム的にはロスしますが、それはそれで構わないと思っています。 可視範囲にあるダミーの場合は、こちらに確認を取らずに、すぐに口にくわえます。 「目に見えるダミー」と「探索の上で発見したダミー」は、フラウの頭の中では何かが異なるのかもしれません。

| 日本大鰐 | 2006/01/30 13:55 | URL | ≫ EDIT

日本大鰐さん


フラウちゃん、「目に見えるダミー」と「探索の上で発見したダミー」しっかり判断しているのでしょうか。
もしそうだとしたら素晴らしいです。コンタクトするってとこがよいですね。
ジグザク探し、グルグル捜しどうやって覚えたのだろう。

BBSに書いたこと

『今はレトリーブ遊びだよ~と言って
Dummyの時は持ち帰り。

今は獲物捜しだよ~と言って
ゲームの時はポイント。

今はサーチングだよ~と言って
人間の時はアラートとね。』

己ずから理解しているようですね。
これが持って生まれた性質なんでしょう。
その素質もっともっと延ばしやってくださいな。

かの国ではレトリーブさせるにも作法があるようです。
それを判断するのは審査する方のみ、威厳あってよいですが主観も入りますね。
かっちょよいレトリーブ心がけましょ(^_-)v

| px3 | 2006/01/30 20:16 | URL | ≫ EDIT

ポーくん、すでにブラインドできるんですね。さすが~!
オレオはたまにしかアテンションができません。アテンション強化のために練習を始めました。
肉球画像みました~。熊になってるんですね。かわいいです。
パールちゃんとポーくんは走る量が多いので肉球の毛がないと思われますー。(笑)

| まーちん | 2006/02/02 11:06 | URL | ≫ EDIT

Pouのことありがとう

アテンションは短い距離ですー(^-^)
以前のPouを知っている方はきっと驚くでしょうね。
オレオ君はアテンション完成してたではないですか~
肉球のベアー他のお友達のところで話題になっています。↓です。
http://sakura.canvas.ne.jp/spr/blacklab/index.html
まーちんさんのところでは水かきでしたが、同じ足などで一緒にUPしました(^_^;)
毛深い足は長女ペルーです。このところ準室内です。
パットの毛も切らないといけないね~
黒いのはツメ共一度も切ったことがない(^_^;)

雪の中でレトリーブ着々完成ですね~

| px3 | 2006/02/02 17:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/112-87d61873

TRACKBACK

臭気捜索見聞

またもや佐久ロフトガーデンからのトラバース。浮遊臭をすかさずキャッチして原臭へ向かって行くときの早さが凄いね!我が家の犬達も雪に覆われた今だからこそ真っすぐには知れますが、その他の季節では多くの警察犬がスタート地点から鼻を低くしてたどるような感じですから

| 尻別川の畔より/K9 Feild Niseko japan | 2006/02/02 23:47 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT