Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『楽しい思い出ありがとう』

次女Peaceの『悪性組織球症』記録です。





経 過    2004.02.19

今までの状況胸にシコリがあった、獣医師に診てもらったら脂肪の固まりとのこと、今まで大きな病気は2002/02/05に胃捻転手術。

2003/08/12 明神館にて怪我

8/12日、フリ遊びしていて飛び降りた時突然倒れた。骨に異常があったか心配したがネンザ程度と思い様子見した。左前足肘

2003/08/18 上原動物病院にて診察

痛みが引かない様子、病院にいき診察した。レントゲンで検査、ネンザ程度ということだった。その部分が左前足肘です。痛み止めをいただいた。他に異常なし。

2003/08/30 上原動物病院にて診察

一週間後くらいに右腰部に広い深いシコリ、右肩部に小さいシコリが見つかりました。二週間前には何もなかったものが、一時に各所に出ました。血液とレントゲン検査しました。内臓からの悪性腫瘍も考えられるとのこと血液の異常はありませんでした。

2003/09/18 上原動物病院にて診察

胸のシコリが二つになったのと腰部が盛り上がってきたのでまた病院に、獣医師は最悪も考えられると病理検査をすることになりました。結果検査手術9/25日です。

2003/09/25 上原動物病院にて手術

胸部、肩部は切除→病理検査依頼。腰部はニードルバイオプシーで検査依頼しました。左足は骨の近くだったこともあり検査しませんでした。泊まり麻酔使用。

2003/10/02~03 上原動物病院にて泊まり治療 ◎

病理検査結果が分かりました。悪性腫瘍の「悪性組織球症」でした。切除した肩部と腰部に悪性細胞が含まれていました。腰部は深く大きい為切除できません。抗がん剤治療をすることになりました。「ADM」と「LA」いう抗癌剤をプロトコルどおり行いました。

2003/10/09 上原動物病院にて血液検査治療 ○

血液検査です。副作用を調べるものでした。触診で状態はよくなっているようです。が、ところどころに小さいイボ状のものが出来てきた。自宅で一回吐く。抗癌剤「LA」投与。体重31.3Kg

2003/10/16 上原動物病院にて血液検査治療 ○

肩、腰の部分はシコリを感じません。そのくらい小さくなったのだと思います。胸二箇所の脂肪のシコリを切除でしたがその部分の一箇所がまた大きくなりだしました。触ってもシコリでなく、柔らかく大きくなっています。シコリは悪性でなく抗生剤で様子をみることになりました。抗癌剤「LA」投与。体重30.5Kg

2003/10/23 上原動物病院にて泊まり治療抗癌剤投与 ◎

ピースは泊まりでの抗がん剤投与しました。腰の部分がちょっと大きくなったかな~食欲旺盛です。抗癌剤「ADM」と「LA」投与。

2003/10/30 上原動物病院にて血液検査治療

血液検査をしました。白血球数は6500→10300抗がん剤の処方は悪くはないとのことです。獣医師さんから宣告されました。Peaceの余命は発病してから6ヶ月とのことです‥‥残りは4ヶ月です。バニー犬の悪性腫瘍『悪性組織球症』の治癒はないとのこと、発病して何も手当てをしなければよくもって100日約3ヶ月、治療して抗がん剤が効いて6ヶ月。Peaceはフラットですが覚悟しておいてくださいとのことでした。腰部分は確実に大きくなっています。「カバノアナタケ」強力な免疫増強力と抗腫瘍作用を持ちβ-Dグルカンという多糖体とSOD(抗酸化酵素)にあるのです。体重31.15Kg

2003/11/06上原動物病院にて血液検査治療

白血球数は10300→1150赤血球変らず。餌の量を増やしました。それと生肉などもやりました。左足が痛いと言っています。フリの時に痛いといった同じ部分に腫瘍が見られます。先生も抗癌剤をやっているから同じものではないと仰いましたが跛行して辛そうです。体重は32.5Kg

2003/11/14 上原動物病院にて血液検査抗癌剤投与 ◎

抗癌剤「ADM」と「LA」投与。少し痩せました。白血球、赤血球もほとんど変りません。効いているのかな?他には転移していないと仰っていました。この元気さで本当に後数ヶ月なんですか?とお聞きしたら、そうならないように民間治療のアガリスクなど‥‥と言いました「悪性組織球症」難しいのでしょう。これから3週間は毎週血液検査です。患部は大きさ変っていません。歩行に跛行あり。体重30.45Kg

2003/11/20上原動物病院にて血液検査治療

血液検査と目視だけでしたが‥‥このまま治まって欲しいものです。私が見た感じでは患部がいくぶん硬くなっています。体重の変化がないのに全体としてやせています。しかし本犬全く変らず元気です。ビール酵母が効いているのかな食欲旺盛です。『カバノアナタケ』は続けています。体重31Kg

2003/11/27 上原動物病院にて血液検査治療

3週間留守しました。血液検査と目視だけでしたが‥‥このまま治まって欲しいものです。私が見た感じでは患部がいくぶん硬くなっています。体重の変化がないのに全体としてやせています。しかし本犬全く変らず元気です。食欲旺盛です、ビール酵母が効いているのかなぁ。『カバノアナタケ』はず~っと続けています。体重31Kg

2003/12/05 上原動物病院にて血液検査抗癌剤投与 ◎

発病して治療して2ヶ月が経ちました。推奨プロトコルどおりです。白血球14000これも変らず‥‥抗癌剤のアドレアマイシンを投与しました。今回は泊まらずに帰りました。自宅では食事の他に、ビール酵母とカバノアナタケをやっています。食欲あり、元気です。運動は時々近くの田んぼでFTのレトリーブを2~3回。肩部の患部はほとんど分らない状態ですが、腰部の患部の腫れは今までと変らず感じられます。寛解には至っておりません。今後も悪くならないようなら同じ治療を続けるとのことです。体重31.75Kgほとんど変りません。

2003/12/1 上原動物病院にて血液検査レントゲン検査

血液検査の結果白血球6500減っている何かが体の中で活動しているようだ、赤血球、他の数値は変らないとのこと。多少大きめになった患部を超音波で調べた、液体の固まりのようなものか‥‥脾臓は正常とのこと。レントゲンで肺への転移検査、きれいとの結果だった。内臓にはまだ転移していないとのことだった。体重31.は変らず。

2003/12/26 上原動物病院にて血液検査抗癌剤投与他消炎剤 ◎

左前足が痛くなっている。跛行をしています。その場所は最初に痛みを訴えた場所です。腫れというか骨の端部が軟骨のようなシコリになり大きくなっています。もしここだけなら前足切断で他への転移はないだろうが、腰部分にあることを考えるとそれは出来ない選択です。体全体がゴツゴツとした感じになりました。抗癌剤の他に非ステロイド系鎮痛消炎剤メタカム0.15%経口懸濁液を使用。体重30.7Kg

2004/01/09 上原動物病院にてレントゲン検査消炎剤

抗癌剤としての副作用は出ていないのですが最初に出来たと思われる左前足の骨に沿って増殖しています。レントゲンでは肺には湿潤(転移)していません。左前足のリンパも腫れていました。その部分は今の抗癌剤(ADM)が効いていないとのこと、来週は今までと違うプロトコルを行うことになりました。体重30Kg

2004/01/14 上原動物病院にて抗癌剤投与中止。鎮痛剤のみに切り替え

今回抗癌剤のプロトコ~ル見直しの予定でした。ところが痛いのか左足は全く使わなくなった、患部は大きくなりリンパ腺も腫れている。ところどころにイボのような腫瘍もでてきた。腰の部分はほとんど変らないがいくぶん硬い感じだ。この痛さを何とかしたい。私は家内と相談して今後は痛め止め中心の治療に切り替えたいとお願いした。今まで抗癌剤があったからもったともいえるが、主事獣医師が言った最初の言葉どおり進んでいる。この病気治療しても六ヶ月、残りは一ヶ月。他の抗癌剤をやりながらと云う手もあるが変えても転移してしまったものまで取り去ることはできないとのこと。これから状態は早くすすむかもしれないとのことだった。鎮痛剤(リマダイル)として、抗生剤(バイトリル)、消炎剤(プレドロニロン)を処方してもらった。体重31.5Kg

2004/01/22 上原動物病院にて鎮痛剤のみ処方

触診だけでしたが左前足部分はもう着こうとしないほど痛ましている。リンパ腺はそんなに腫れていない。他の部分もそんなに変っていない。鎮痛剤リマダイル(カルプロフェン)抗生剤バイトリル、消炎剤(ステロイド)プレドニゾロン、を一週間分いただいた。体重31.1Kg減ってはいない。食事が効いているのかな。

2004/01/29 上原動物病院にて鎮痛剤のみ処方

食欲はあるのですが、量が減りました。肉のみ拾い食い。QOLって疲れます。胸張ってするでなく、極自然に出来ることがQOLの向上かと思います。足は相変わらず痛いです、まだ自分の三本足でトイレできます。立つ時はヨロヨロってします。おもらしをしてしまった。体重は30.0Kgほとんど変りない。ミルキーちゃんご対面

2004/02/05 上原動物病院にて鎮痛剤のみ処方

立つことがやっとになってしまった。排尿は抱っこしてさせるが排便が3日間ない。前後ろの足付け根のリンパ腺が腫れている。昨日頂いた有力な情報をコピーして獣医師に見せたが、一蹴された。もし臨床として有効な情報なら当然公にされているべきで、その情報は商業化された文章ではないですかと‥‥腫瘍学専門医の小林哲也先生を知らないとのことだった。今や、Peaceの状態は抗癌剤を使用する段階にない。私等と一緒にいられる時間を少しでも長くしてやることだけだ。鶏肉100g体重は30.5Kg。

2004/02/13 喀血

今朝、喀血した。洗面器1/3くらい‥‥意識はある。確かに呼吸が苦しそうだった。喘ぐような声をしていた。内臓(肺、脾臓)に浸潤したのだろう。獣医師病院にはこうなるだろうと聞いていた。立てなくとも我慢してオシッコはしてくれた。体を拭き日光浴させた。何もなかったように休んでいる。生卵だけ食べてくれた。ノドの通りがよいのだろう。

2004/02/16 2月16日午前8時10分死亡。7歳と11ヶ月です

昨日オシッコのあと気絶状態。そして深呼吸の度に小さいケイレンをする。朝、水を飲ませた。その後ケイレンが始まった。四本の足、体全体がブルブルと振るえている。口から泡がでてきた。割り箸で舌を噛まないようにした。目はうつろ、声にも反応無し。獣医師にTELしようかどうしよう‥‥。Peaceは息を引き取りました。体重27.5Kg

昨夜通夜しました。今までの思い出三人で話しました。2/17埋葬しました。楽しいこと、苦しいかったこと、哀しかったこと、思い出して話しました。生花、BBS、メール、電話お手紙とたくさんお見舞いお悔やみを頂戴いたしました。本当に有難う御座いました。Peaceはフラットで根から遊び好きだった。いつもフリフリしていた。メソメソしてれば、叱られます。お父さん何してる~!! さぁ早くフリしよう~、FTしようって言っています。

 Peace ありがとう私たちはおまえに感謝していますいつも明るく幸せをいっぱいくれたおまえを‥‥おまえがいてくれたから素晴らしい友達にいっぱい会えました最後ちょっと苦しかったけど頑張ったねもう苦しまなくてもいいんだよおまえの知っているワンコも多いから寂しくなんかないよねうしろなんか振り向いちゃいけない妹や姉さんがいるから私たちは大丈夫そうだよ~あのダミーを見つける時のように真っ直ぐと走って行きなさい形なくなってもおまえはいつも心の中で生きているほんとうにありがとう。
スポンサーサイト

| 病気・けが | 09:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ピースちゃん

px3さんのブログができたと先日知りました。
とってもためになることいっぱい書いてくれているので読みごたえがあります。
プリントアウトしたいくらいです。

今日は悲しい思い出のお話だったのですね。。
px3さんの献身的な看病の様子と苦しい気持が伝わって来ました。
私も猫を病気で亡くした事がありますが
病気で苦しんで亡くなるというのは
自分のせいではないのだけれど
何もしてやれなかったという
苦い思いが残りますよね…。
私はピースちゃんには残念ながら会う事ができませんでした。
今はピースちゃんは天国からペルーちゃんとパールちゃんと遊んでいるpx3さんを
静かに微笑んで眺めてることでしょう。

| まーちん | 2004/12/06 18:33 | URL | ≫ EDIT

まーちんさん

きてくれましたか。ありがとうございます。
お宅のような素敵なHPはできませんです^_^;

ピースは今年寒いころ亡くなりました。知り合いも何人か同じような病気で亡くしています。悪性腫瘍は犬種により遺伝的疾患にもなろうとする勢いですね。恐いです。自分としてでき得る最善を尽くしたから後悔しておりません。一緒にいる間にいっぱいの思い出残したから良かったと思います。こんな記録を見て少しでも同じ苦労をしている方のお役に立ってればと思いました。

| px3 | 2004/12/06 21:06 | URL | ≫ EDIT

しみじみと読みました

またウルウルしてしまいました。

考えたくないけど、動物との別れは絶対にあるものなんですよね。。
今、出来ることを精一杯してあげようと、一緒にやろうと、思いました。

ピースちゃん、やすらかに(^^)

| ハナママ | 2004/12/06 22:02 | URL | ≫ EDIT

そうだったのですね
実家で小さいころ飼っていたワンは最後フェラリアでした フェラリアの予防薬が出回ってきたころにはもう手遅れでした
cherryにしても何度かドキドキしたことか そして今もまだ尻尾のできものは小さくも大きくもならないまま経過観察状態です
こうして苦しい思いをされたことを書かれるのは辛いことだったと思います いつかは先に旅立ってしまう命ちゃんと向き合って生活しようとあらためて思いました

| tamtam | 2004/12/06 22:06 | URL | ≫ EDIT

偶然、日記にPeaceの病状を記したものがありました。
書き出してみたのですが、当時を思い出して目頭おさえる馬鹿Jijiです^_^;

楽しい思い出いっぱい作って下さいね。

| px3 | 2004/12/07 20:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://px3.blog2.fc2.com/tb.php/11-9dcb69bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。