Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ラブクロコ特訓』

Top2009 01 22 白樺林捜索.jpg
預かりのラブ、クロコちゃんを許可なくレトリーブ特訓してみた(^_^;
2009 01 24 三頭揃って.JPG2009 01 24 ラブコロコ-3.JPG2009 01 22 遊んでくださいな.JPG








この子は現役救助犬であり捜索実績も相当ある。よって探し出すことはお手のもの。
しかしレトリーブ遊びはあまりさせていないようだ。一対一で雪の中呼び戻しをさせてみた。躊躇することなく「勇んで帰る」


そして「ラブクロコのシングルレトリーブ」とホイッスル使って「ラブクロコのダブルレトリーブ」その後「 ラブクロコのトリプルレトリーブ」までさせてみた。なんでも出来る。当たり前現役救助犬!




あと二日で招呼の「来いっ!」と「アテンションコマンド」を我流で教えてみようと思う。
その模様、ムービーなど追加いたします。Yuo Tubeに参考なるところがありました。

stpping
yes no drilll and double fall drill」など
いかがでしょうか。

≫ Read More

スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 23:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『最近の練習』

Top2009 01 17 秘密基地-2.JPG
大寒直前、寒い日が続く。
寒くなると元気が出るワンコ達。
何人何頭かと一緒に三日続きで第一基地に出かけレトリーブの練習をした。
2009 01 17 今日の浅間-1.JPG2009 01 17 秘密基地-1.JPGその様子は「2009 01 16 (金)薮入り」にも報告しています。↓













≫ Read More

| 大会・練習報告 | 22:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『我家の犬の歯』


Top2008 12 27 Pouの前歯.jpg

歯の話題です。以前どこかに投稿した「豚骨思考」参考まに再UPします。
*********************************************************
豚骨考察
 私は、フラット2頭とゴル1頭の多頭飼いです。骨を与えることですが、私の知ってる限りのことをお話します。 NiftyのFVET(獣医さんのフォーラム)にも出入りしていましたが、先生方は「骨を与えてよいか?」と聞かれて「よいから与えなさい」とは決して言いません。それは職業柄でしょう。何故??
 それは、中には小型のワンコに小骨がのどに刺さることがあり処置したことがあるからだそうです。多くの方がROMしているフォーラム等では、「よいから与えなさい」とは言えないのだと思います。

 ところが、私は以前はドーベルマンを飼育しており、現在のレトリーバーとの生活の中でも、豚骨は欠かしません。結構小さい時からやっています。最初は肉屋さんから特別分けていただいて自分でボイルしていたのですが、最近はラーメン屋さんと知り合いになりダシをとった後の豚骨を分けていただいています。
 その頻度と量は、週に1~2回、一回につき多くてゲンコツ骨を2本程度です。ラーメン屋さんで半分に割ってあるのですが、髄も一緒に与えています。私は牛骨は今まで与えたことはありません。きっと狂牛病のこと以前から、市場には出ていないのではないでしょうか。

 あ!、そうだ今まで豚骨をやっての後遺症は一切ありませんでした。
 私が、豚骨をワンコにやる理由は、訓練士「○嶋○子」さんの雑誌の中での話です。「皆さんは何故に骨を与えないのでしょう」の言葉からです。普通、飼育している(適度な量な食事をしている)は豚骨が大好きです。好きなものは与えたい飼い主はいないでしょう。(笑)
 それと、ストレスの解消になります。元来は噛むことが好きです。思い切り、ガリガリやらせます。そういえば最初は手に持って与えました。私は餌はドライフードですが、今まで歯磨きはさせていません。ですが豚骨を与えることにより、黄色いまたは茶色の歯垢が付かないのです。こんなに利点のある豚骨は、大型でしたら大いに与えるべきと私は思っています。

 ただ、の個体差により、下痢をするがいます。それと与え過ぎは当然いけないと思います。翌日粉々になった白い骨粉が糞に混ざってでます、そして便秘のようになります。他に硬いヒズメはどうでしょうか、歯より硬いといけないでしょうね。もう一つ、茹でると割った時骨が鋭く割れるとどこかで聞いたのですが、確かめたことはありません。
px3の骨持論でした。
**************************************************************
2008 12 27 Pouの切歯.jpg2005 06 18 豚骨.JPAlign=

≫ Read More

| 病気・けが | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。