Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

『アテンションコマンドの次』


親ビン次は何しましょ

『アテンションコマンド』=ストップコマンドは「止まって注目」の命令です。GRTの基本です。
もう三年も前のエントリーにアテンションコマンド=『ストップホイッスル』がありました(^_^;

2008 12 19 夕暮れのレトリーブ.JPG
『アテンションコマンドの次』ということで「遠隔コマンドの効き具合」のSUBでムービー1分26秒を撮ってきました。 You Tube 動画  

犬を前方100m地点(電柱間隔一本が50m)まで前進させて「アテンションコマンド」をかけ注目停止させる。
その後待たせたまま、後方10mにDummyを放る。
それから「スタートコマンド」=ホイッスル「ピッー!」を出し、スタートさせる。
ホイッスルは聞えるようですね。上手く効いていました。
目は悪いのか一回目は途中から右下土手に下りていきましたが、二回目は目の前を通り越してGetしてきました(^_-)v

場所は『ラインニング練習』で練習したことがある場所です。
夕日が逆光になって撮り難くいが、真っ直ぐ走る練習にもなりました。

2008 12 19 ペヨンジュン.JPG2008 12 19 カモがいなくともレトリーブ.JPG中には観客(ペヨンジュン君)もいるようでカモの居場所を求めて探索しているが、カモは中々いない。
狩猟禁止地区であったりします。

もう一つのムービーです。 FC2 動画
これも『アテンションコマンドの次』の「スタートコマンド」によるレトリーブです。



『アテンションコマンドの次』の一番はハンドラーのところに戻ってくること。
声符はホイッスルで「リコールコマンド」=「リコールホイッスル」です。
何回もエントリーしていますが、短い距離から行い、喜んで帰ってくるように仕あげます。

前進させる時に目的物があるのか、何も無いところにさせるかによって走る速さが違い、止まる速さも違う。
速やかに動いてくれることが由とされています。見栄えします(^_^;

2006 11 26「ムービーキャスター」動画でラジオ体操など云って撮ったアテンションコマンドからの「Back」↓と
※※ムービー※※29秒

アテンションコマンドからの左右への進行スタートです。↓
※※ムービー※※52秒

ハーツのコンタクト.JPGハーツのスタート.JPGハーツののレトリーブ.JPG







スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 09:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『Wでダブルレトリーブ』


20081215174628
以前もどこかに書いたような・・(^_^;
同じ種類の犬を複数飼育してしてドックスポーツを楽しんでいるご家庭があります。
ドックスポーツは人と愛犬がチームを組み楽しみながら理に敵ったルールを作り絆の深さを問う競技を行うことです。
参加することで家庭犬としてのルールも出来上がってきます。

Dummyセット
時には複数犬と参加することもありますが同時に複数犬が会場にいることはないでしょう。
必ず一頭づつの出場となります。他の一頭は待たねばなりません。待つ場所はいろいろありますがここで待つことの勉強もします。
愛犬にとって待つことは辛いことです。が、待たねばなりません。遠く離れて隔離できればBestですが(^_^;
ところが、側に一緒にいる場合の練習が多いです。そんな練習方法など検証してみます。

関連記事は『待て!』の練習 2005.07.22 Fri。『待て!』の先 2006.11.18 Sat Fri。『多頭練習』-1 2005.07.27 Wedです。

≫ Read More

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月