Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『山の中でのレトリーブ練習』

Top2007 10 28 今朝の浅間山.JPG

朝の窓には結露がいっぱい。このところ、GRT・WT話題も少ない、一人での山歩きが多い(^_^;
と、いっても愛犬と一緒の「キノコ狩り」「山菜採り」が多い。山では↓のような出会いがある。

2007 10 28 ムラサキシメジ.JPG2007 10 28 ムラサキシメジと間違うアケビ.JPG画像「ムラサキシメジ」とムラサキシメジと間違い易い「落下したアケビ」







愛犬を同伴させる目的は散歩目的もあるが、まだ会ったことがない「熊避け」もあります。
もし熊に出会って襲われたならクロコは敵わないし助けてはくれないだろう。が、熊より先にこちらが相手の動きを知ることが出来る。逞しそうに書いたが、熊は人の気配を感じ自ら去っていくようです。

秋深まった近山に長男ポーのみ一緒で出かけました。
山中に持参するものは多くない。小さな腰カゴにビニール袋、カマに手袋、何時も忘れないデジカメ。今日は犬用ダミーとリードも持参した。
よくその物を落としたり、置き忘れることが多い。どこか記したことがありますが先日はデジカメを枝に引っけ落としてしまうこともあった(^_^;
その時はダブル同伴であったこともあり、何とか探し出すことができました。

2007 10 28 スタンバイ!.JPG今回、長男ポーのみ同伴でキノコ採り。
途中で持参したDummyを尾根先にポーに分らないように「ポトリ」とセットしました。150mくらいの坂下でした。当然一緒に行ったのですから自臭は付いています。ブラインドです。
山の上で待機させ、90度左方向の約80m先までDummyをセットしてきました。


レトリーブする気満々のポー、「ゲット オン!」でスタートさせました。
何処にあるかは見えないので不安だろうが、指さす方向には自臭やお父さんの臭いがある。躊躇すること無く一目散に下っていきました。
着いたと思われる時間を見計らって、「ピッピ!」「ピッピ!」のサーチコマンドと続いて「ピピ~~!」のリターンコマンドを出す。しばらくしたらダミー咥えて帰ってきました。上りはきつそうですー(^_-)v

その様子の※※ムービー※※1分39秒です。
帰ったから、すかさず左方向に向けて「Get on!」ポーは臆せず前進して行きます。しばらくして林の中から帰ってきました。
見事にダミーを咥えていました。疲れたのでしょう。手渡す前にゴロ~ン(^_^;
その後は漏れ日の中で一休み。2007 10 28 林の中木漏れ日を浴びて.JPG

スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 20:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第10回ウォーターワーク・コンペティションat Lake NOJIRI


Top水難救助犬ステイ


J W W A (日本ウォーターワーク協会)主催のウォーターワーク・コンペティション報告です。
場所:Nagano信濃町野尻湖、期日:2007 10 14(日)、天気:晴れ、最低気温:7度、最高気温:17度、水温:18度
絶好なWT日和でした。参加合計11チームオープンクラス7チーム、エキスパートクラス4チームでした。
難救助犬認定(内水面・湖沼)試験は4チーム。
犬と一緒になって楽しむことが出来たウォーターワーク!

パールの参加したエキスパートクラスを一種目ずつ検証してみます。


種目1レイダウン.JPG
種目1「レイダウン」
パールは待ては得意です。山中湖では失敗しましたが3分間見事完成です。2×10/(10)=20点





種目2「レトリーブ・フロム・ブリッジ」
桟橋からの飛び込みレトリーブ、パールは見事難なくできました。3×10/(10) =30点
年配の犬もいることで低い桟橋からでした。※※ムービー※※43秒



種目3ボートを引くパール.JPG種目3「ロープ・キャリング・アンド・プリング・ア・ボート」
ロープを咥えてボートまで泳ぎボートレトリーブです。躊躇はしましたが出来ました。3×8/(10) =24点






種目4「ディレクテッド・ライフライン・プリング」.JPG種目4「ディレクテッド・ライフライン・プリング」
方向を伴う溺者の救助です。私は「あの人回ってこい!」のコマンドでスタートさせました。途中帰りもありましたが再度のコマンドでできました。5×7/(10)=35点





種目5「アンダーウォーターレトリービング」
水中レトリーブです。これは得意な種目です。難なくできました。3×10/(10) =30点
※※ムービー※※18秒



種目6「ディレクション・レトリービング」.jpg種目6「ディレクション・レトリービング」
水上での方向指示のダブルレトリーブです。これも難なくできました。3×9/(10) =27点






種目7「ライフセービング・フロム・ボート」.JPG種目7「ライフセービング・フロム・ボート」
ボートから飛び込んで溺者を救出です。これもほぼ完璧にできました。残念ですが画像がな~い!5×8/(10) =40点

結果合計206/240でした。
で、優勝できました。



≫ Read More

| 大会・練習報告 | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『フィールドでの水上練習』Part2


Top Dummy持って来いの図.JPG

いかんいかん!水上とはいえWT西湖大会でロープ運びを拒否されてしまった(^_^;

浮輪.jpg
水猟犬のレト種であっても持って行く仕事はない、それも獲物やDummyではなくロープで先には浮輪が付いている。
しかしウォーターワークではそんな仕事「ボートの運搬」や「救命ブイを運ぶ」が必須です。
犬がロープを咥えある程度重いものを引くことは獲物やダミーを運ぶことより抵抗がある。それはジェントルリーダーのように負荷がかかると口先が横に引かれるかだろう思われる。水上では最初の負荷は大きいが動き出すと簡単に運んでしまいます。
西湖大会で拒否してハンドラーと一緒に助け出す失敗※※ムービー※※1分30秒です。ロープ運びを般化させるべくPart2の練習です。
こことほとんど同じ練習ですが10/14日にそなえて最終練習してみました。

≫ Read More

| WT(Waterwork Trial) | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『第五回WT西湖大会』



西湖大会Top.JPG


第五回WT西湖大会に参加してきました。
西湖のまわりも秋めいていました。水温は計りませんが暖かい感触(^_-)v
集まったのは10家族+数家族、連休でキャンプ、カヌーで訪れているギャラリーも沢山いらした。

ペナントAlign=手作りWTよくお分かりでしょう。



≫ Read More

| 大会・練習報告 | 12:27 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。