Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ベストコンディション』

Top2003 08 05 体重測定.jpg

ドックスポーツだけではないが犬を飼育して競技会、大会に参加する時は犬のコンディションを最高にしたいものだと思っています。参加して技を競うわけですが、体調コンディションが悪ければ技の発揮も十分できない。
普段から健康管理はしていても犬は生き物、日々変る体調を見極め管理することが必要です。それは飼い主としての大きな役目。犬のコンディションについて検証してみます。

≫ Read More

スポンサーサイト

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 18:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『フィールドでの水上練習』


Top用意は宜しいですか.jpg





そろそろWTのことも考えないといけない。今日は苦手なロープ運びを陸上でさせてみた。
ロープ運びは「ボートの運搬」や「救命ブイを運ぶ」ことにも必須な条件。
夜の散歩にはペットボトルを付けたロープをガラガラと運んでいる。クロコはロープは足にからまって嫌いなようだ。
こんなこといっぱいさせて「ロープ咥え」般化させてきました。

≫ Read More

| WT(Waterwork Trial) | 14:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『フラッグまでの前進』


Topさらむ&しおん


先日第二基地に集まった仲間でお互い一芸を披露した。その時アンジンママさんにさらむ・しおん二頭による「フラッグまでの前進」を見せていただいた。立派な遠隔操作です。コマンドは「フラッグ!」だった。※※ムービー※※11秒

前方約20mの位置に「うらないのハンカチ」を広げておいて、その場所まで前進させて着いたならそのハンカチの上に座りハンドラーに注目させる。
犬は何処まで進んでよいのか分らないがハンカチを置くことで場所が特定できる。ハンカチの場所を変えることで距離を延ばすこともできる。
有用な前進を教える方法だ。二頭一緒に行うことも難しい。同じ練習方法が『ターゲット』遊びにあります。お友達のSaboさんも同じ練習方法です。

真っ直ぐ進むことはGRTでは重要な動きで「ラインニング」などと言われています。直線上を走らせます。この練習方法の関連記事は『ラインニング練習』にあります。だいぶ前にエントリーしたものです。ムービーなどリンクが切れているかもしれません。


Pearlの待機後.JPG上のように一本道で見つけ易い場所でもないが「ラインニング」練習を兼ねてレトリーブさせてみた。
まず犬を待機させて、前方一直線上に20mを基点に+10mごとにダミーを置いていく。合計4個で最終的に50mになる。
草丈は長くはないが置いたダミーは見えない。ところどころに立ち木があり、正確な一直線ではない。
こんな感じのレトリーブ練習になりました。※※ムービー※※1分50秒

これは少し前のムービーです。完成はまだですがパールの80m付近までの前進とのホイッスルでのストップコマンドの効き具合。
※※ムービー※※53秒です。

まだまだ暑いです。日中の暑い時の練習は考えものです。ザブ~ンを取り入れながら木陰での練習にかぎります。


| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 17:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。