Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後も楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『秘密基地練習会』

Top-1.jpg 



2006/08/27 「信州でワンコと遊ぶ会」銘打って8月最終日曜日に集まった面々は総勢12家族の人24人ワンコ16頭。その場所は曇っていたが湖は瑠璃色だった。それではどんな様子だったか報告いたします。集合時間はAM10:00 8月なのにちょっと寒い気もする陽気ウォーターレトリーブには向かなかったかな。今回も各自の能力相応の科目を選んでいただき披露していただきました。ビールが入った特別披露には頷くものもありました。新しく参加なさった方が今後興味を深めていただけば宜しいかな。ではでは順をおって紹介します。 水辺.JPG回りの清流.JPGハギ.JPG

≫ Read More

スポンサーサイト

| 大会・練習報告 | 23:56 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『野生動物 保護 飼育』

2006 08 19 ミント



なんてのでググッてみた。野生動物を保護してよいのだろうか。野生動物を飼育してよいのだろうか。
野生動物を捕まえてもようのだろうか。ちょっと重い話題になるが検証したいと思います。

友人が傷つい野生動物を保護した。それはカモのようですが特定できません。犬の散歩中でしょうか、自力で動けない状態、そのまま置いたら近くにカラスも飛んでいるようですし他の野生動物から狙われること必至と保護するつもりで連れ帰ったのです。さて連れ帰ってどうしらよいのか迷った挙句の相談です。

野生動物は人間と同じ生態系の中で生きています。自分達の力で生きています。そのままにしておけば生きてはいけないだろうが人がかってに手を加えてはいけないのではないのかな。倫理的に見れば生きることを助けることは良いことが、その種の変化を人為的に左右してしまうことになる。野生動物の多くは「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」等々により、許可なく捕獲、飼養することが禁止されています。速やかに各自治体の野生鳥獣保護窓口へ連絡、警察に連絡保護してもらいます。その後は動物園や保健所で保管でしょう。

≫ Read More

| 病気・けが | 20:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『回ってこい』

回って来いTop.jpg


Top画像は蓼科山をBackにした素晴らしいシチュエーションです。

の練習をしました。こんなことは競技会、GRTにもないことです。あるとすればWTでしょうか。
水上を泳いでいき溺水者を救助させるのですが、ワラをもすがりたい溺水者に近づくことは犬にとっては危険です。よって浮き輪やライフジャケットなどを咥えて届けさせるのです。

そんな練習も以前しました。『咥え』『出せ』からの発展『右旋回 左旋回』コマンドです。
フィールドで出きることが肝心です。


≫ Read More

| WT(Waterwork Trial) | 20:09 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ハチ・アブ』対策

2003 08 15 アシナガバチ 画像はアシナガバチです。
      
一般的には普段山野に遊びに行くことは余りない。行く時は狩猟とか、シーズンになってのキャンプそれと私らのように山が側にあり散歩がてらでしょうか。もう愛犬と山野に出るシーズンは終わったかもしれないが9月頃になると巣が大きくなり攻撃性が強くなるためハチに刺される事故も多くなります。何も好き好んでそんなところに行くことはないと思われますが何をするにもリスクはつき物。その対策が事前に分かっていれば少しでも被害がなくなると云うものです。そのチャンスが多い我が家もハチ・アブの被害にあったことがある。幸いにもアブでした。そんな経験を含め「ハチ・アブ」のこと、対策などを検証してみます。

≫ Read More

| 病気・けが | 18:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ジェントルリーダーヘッドカラー』

GentLe Leader ジェントルリーダーについて調べてみました。犬の行動学、心理学に基づいてアメリカの動物行動学者などによって開発された犬の躾の道具です。使い始めに抵抗を感じることもあるようですがチェーンカラーや、スパイクチェーンでビシバシ使うでなく、高い効果が現れるようです。犬の矯正道具と使用だけでなく生活の必要器具として大変有用な道具のようです。なんといっても装着している間「口を開ける」「水を飲む」「食べる」「吠える」「ボールを咥える」ことも通常通りにできます。がよいです。 Pou-1.jpg 正面








上横から


着装の方法方向を変えて撮ってみました。 


自分ではまだ使用したことありませんが、使用したことがある方のご意見などありましたら教えていただきたいです。 ジェントルリーダー概要や装着方法については ジェントルリーダーヘッドカラーにリンクしています。

| 躾方・訓練 | 18:00 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。