Saku Loft Garden

犬と生活を共にするようになり多くの方と知り合いになりました。 特にドックスポーツや躾などの仲間が多いです。 今後楽しく犬と関わっていくための手段になれば宜しなと思っています。

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『持っていけ』

2005 11 28 咥えPearlTop



『持っていけ』練習をしてみました。以前何処かに書いたことがある。
そうです「お使い」のことです。検索してみました、ありました。
『咥え』『出せ』からの発展です。→『持っていけ!』の強化
に載っています。
このBlogは検索が出来ます。右上の「Search」に検索したい字句をC&Pすると関連のエントリーがでてきます。お試しくださいな。

ムービーも使えるようになったのでPouでその様子撮ってみます。
Pouはまだそんな練習をする段階ではない気がする。何故ならレトリーブがまだ完全でないからだ。
持ち帰った品で遊ぶんだと理解しているようだ。持ち帰った品でいっぱい遊んでやらねば……(^_^;









≫ Read More

スポンサーサイト

| 躾方・訓練 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『庭で出来るホイッスル練習』

2005 11 19 日向ぼっこ
























日向ぼっこしながら休んでいる犬をつかまえてホイッスル練習!
本犬はたまったものではないかもしれな~い(^_^;

ホイッスルのことですが今までのACME#210 1/2は音が取り込めなかったが#212で吹くとムービーに取り込むことが出来たのです(^_-)v

≫ Read More

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

『GRT水上レトリーブ』―2

2005 11 09 Pearl待て後



















近くの池で水上レトリーブ練習してみました。
寺の入り口の洞○湖。今の時期何種類かのカモ、サギの類がいます。
住宅が近くまであるので禁猟でしょう。

以前ここは人造スケート場だった。一周400mのリンクは十分取れるおよそ80m×170mの広さがある。
部分的に深いところもあるが水の深さは膝程度。
周囲がもう少し広ければ皆さんをお呼びして遊びもできる場所なのですが残念です。

≫ Read More

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『前進』Pouの練習

「Pouの前へ!」スタートの図

Geton画像.JPG


















         
我が家のPouは前進がまだまだ出来ましぇん。
ボールを投げたフリをしろ!なんてとんでもありません。
確実にその物がないと走ってくれません(^_^;









ところが待たせておいて左右の進行は指示どうり分かるようです(^_^;
でもまだ距離は短いですー。
私の掌の示す方向に真っ直ぐに進んで欲しいんだな~

関連のPageが『前進』PartⅡ』『前進』にあります。
繰り返しになってしまいましがムービーを使って実際Pouで試みてみます。

≫ Read More

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『リコールホイッスル』(呼び戻し)の練習

2005 11 01 リコールホイッスルTOP-2.JPG




















紛らわしいですが「リコール・シグナル」「リターンホイッスル」など同じように使われています。
私はホイッスルを「ピッ、ピーーッ」と区切って吹く、こっちに来い。 戻れ!の合図で使っています。
決っているわけではありません。
ドックホイッスルの一番の使われるコマンドかもしれません。

何処にいても何をしていてもホイッスルで呼ばれたら素早くハンドラーの元に戻ってくること、基本です。
リコールホイッスルが鳴ったならハンドラーの元に戻れば良いことがあると条件付けさせるのです。
FTやGRTの呼び戻しだけでなく確実にできると非常に便利です。
命にかかわる事故から防ぐこともあるでしょう。

犬を迎え入れる視符、ハンドシグナルは両手を広げて迎える形です。これも個人によって違います。
その方法撮ってみました。ムービーにホイッスルの音が入っていませんですm(_'_)m

≫ Read More

| GRT(Gundog Retrieve Trial) | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。